あおり運転に遭遇した時の対処法!ハザード出して路肩に停車して窓を絶対に開けない!




あおり運転をする人はいる!

 

 

あおり運転の衝撃的な映像をニュースで見ました。

 

高速道路上で車両を停止させて運転手に殴りかかると言う、飲酒運転以上に悪質な犯罪行為です。

 

しかし、日本の運転免許の制度では人格まではチェックしていませんので、テストに合格すれば凶悪犯でも免許がもらえてしまうのが実情です。

 

ですから、運転している人の中には凶悪犯みたいな人がいるのです。

 

私も高速道路を走っていて、追い越し車線を200km/hくらいのスピードで走り去るスポーツカーを見たことがありますが、あの速度で渋滞の末尾に追突したら大惨事になることでしょう。

 

そういう危険予知が全くできない人が少なからずいるのが実情です。

 

そう言う人にはできるだけ会いたくないですが、もし会ってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

 

あおり運転に遭遇した時の対処法!

 

もし、あおり運転に遭遇してしまったら、本線上に停止するのは大変危険ですので、ハザードを出して路肩に停止してください。

 

前方をふさがれてしまっても、なんとかかわして路肩に寄せて停止してください。

 

そして、窓は絶対に開けないでください。

 

ドアは全てロックして開かないようにしてください。

 

そして警察に通報してください。

 

素手で窓を殴られても割れることはないので、ぐっと耐えてください。

 

警察に証拠を見せるために、スマホで車と人を撮影してください。

 

 

最悪の事態は覚悟を決める!

 

もし、相手が金属バットとかを持ってきて窓ガラスを割ろうとしたら、もう窓ガラスを割られたら殺されるかもしれませんので、それは正当防衛として車を発進させて逃げるしかありません。

 

結果的に、例え相手を惹き殺してしまっても仕方ないと思います。

 

なぜなら、他の解決策がないからです。

 

例えば、人間関係のトラブルによる殺人事件の場合、危害を加えられていた人が加害者になって殺人を犯してしまうことがありますが、それは弁護士に相談するとかいろいろと他にも解決策があったのに、殺人を犯したと言うことで罪になります。

 

しかし、あおり運転のような突発的な場合は、いきなり命の危険にさらされます。

 

なぜなら、金属バットでガラスを割られたら、こっちの命が危ないのは明白だからです。

 

その状況では、安全な回避方法などないのですから、助かる道は車を発進させて逃げるしかないと思います。

 

相手を惹き殺すためではなく、相手に殺されないために車で逃げると言うことなのです。

 

それで相手が惹かれて死んでしまっても、どうしようもありません。

 

それで有罪になったら仕方ないと思います。

 

もっといい方法があるのならいいと思いますが、緊迫した状況で冷静に考えることができるでしょうか?

 

例え有罪になっても、正当防衛なんですから非難される筋合いはありません。

 

本線上に停止すれば、追突されて大惨事になることは明白です。

 

この場合は第三者も巻き添えをくらいます。

 

その状況では、最善の回避策は路肩に車を停止させるしかないと思います。

 

極力、あおり運転に遭遇しないように気を付けましょう。

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください