投資で勝つための一番のおすすめは浪費と消費と投資の違いを知ること!




 

投資で勝つために一番大切なことは何でしょうか?

それは、投資に使える時間を確保することだと思います。

投資に充てる時間が多ければ多いほど勝てる確率は上がります。

ここでは、投資に充てる時間を最大化して投資で勝つ方法を解説していきます。




浪費と消費と投資

 
お金の使い方は3種類ありあす。

その3種類とは「浪費」と「消費」と「投資」です。

貧乏な人ほど「浪費」>「消費」>「投資」です。

お金持ちは「投資」>「消費」>「浪費」です。

「浪費」とは、無駄遣いのことです。

コンビニに行ってダラダラ買い物をしたり、100円ショップに行って余計なモノまで買ったり、パチンコして負けたり、ストレス発散でお酒を飲んだりするのが浪費です。

 

 

「消費」とは、必要な出費のことです。

トイレットペーパを買うだとか、光熱費を支払うだとか、生活に必要なモノやサービスを買うことが消費です。

これはなるべく低く抑えることがベストです。

「投資」とは、自分に見返りがあることにお金を使うことです。

一般的には「株式投資」とか「不動産投資」などが投資ですが、投資対象はもっともっと幅広く沢山あるのです。

 

投資しかしない男!

 

私の場合は、「投資」>「消費」=「浪費」=0です。

つまり、私は投資のお金以外にお金を払わないのです。

「消費」や「浪費」は0円です。

え?トイレットペーパを買うだとか、光熱費を支払うだとか、生活に必要なモノやサービスを買ったりしないんですか?と言われそうですが、そういった生活必需品は買います。

ですが、消費ではなく投資として買うのです。

 

 

どういうことかと言いますと、トイレットペーパはお尻を拭いて水に流すだけなら「消費」ですが、私の場合は違います。

私の場合はトイレットペーパがあることによって快適にトイレの時間が過ごせ新陳代謝が行われる結果、日々健康でいられますから、自分自身への投資なのです。

光熱費は、私と言う人間が毎日魂の修行をするために必要な経費ですから、それらは投資になるのです。

つまり、私は自分のためになるものなら投資をしますし、自分のためにならないものは何一つ買わないのです。

例えば、会社の人達と飲みに行ったとします。

飲んで騒いで上司の文句を言って終わるなら、その飲み会は浪費でしょう。

しかし、私の場合はみんなを楽しませて喜ばせて、人間関係を良くする努力をしますので、その結果みんなの団結力が強くなれば大きな成果が期待できます。

ですから、会社の飲み会も投資なのです。

そうやって、自分が使うお金にどんな意味を持たせるのかがとても大切だと思います。

 

24時間365日投資をする!

 

投資や消費や浪費は何もお金だけの話ではありません。

時間も同じ言葉が使われます。

時間の浪費とは、あてもなくだらだらとテレビを見たりネットを見たりすることです。

時間の消費とは、ご飯を食べたりお風呂に入ったり、生活に必要なことのために時間を使うことです。

時間の投資とは、勉強をしたり本を読んだり、映画やミュージカルを鑑賞したりすることに使う時間のことです。

私の場合は全ての時間が投資なのです。

食事の時間とは私の体の健康維持に必要不可欠な行為でありますし、睡眠も大切です。

勉強をしたり本を読んだり、仕事を通じて魂を磨くことも全てが投資です。

つまり、私は24時間365日投資をしているのです。

 

 

これはさすがにプロの投資家でも私に勝つことはできません。

なぜなら、24時間365日不眠不休で投資ができる人などいないからです。

ですが、私にはできます。

なぜなら、私の場合、生きている全ての時間が投資だからです。

これが本当の、プロ中のプロと言われる投資家の実力なのです。

あなたもたった今から、そんな投資家になれるのです。

 

お金持ちと成功には相関がない!

 

最近ではFX仮想通貨によって、あっという間に凡人が大富豪になったりします。

その反面、あっという間に借金地獄に陥る人もいるのですが。

もし、どうしてもお金持ちになりたいと思うのならば、FXや仮想通過でギャンブル的に稼ぐことも一つの方法ではあります。

しかし、お金持ちになったからと言って、人生が成功するかどうかは別問題です。

私の感覚では、お金持ちと人生の成功に相関はありません。

これは、全くと言っていいほど、相関がないのです。

大金を手にして、経済的自由を手に入れたからと言って、人生の成功かと言えば、それもぜんぜん関係がないのです。

 

 

これは強がりでも負け惜しみでもありません。

私はこれまで、数えてはいませんが2千冊~3千冊の書籍を読んできましたが、99%の成功哲学の本は、本当の意味で人生の成功を捉えていませんでした。

どの本も、真の成功を捉えてはいないのです。

なぜなら、それはおそらく今のこの時代まで、宇宙の真理と言うものが明かされていなかったからだと思います。

今のこの時代は、人類の歴史にとって、本当に新しい時代だと言えるのです。

なぜなら、これほどまで宇宙の真理が明らかになったことは地球創設以来無かったからです。

 

人類史上最大の成功時代の到来!

 

お釈迦様は2500年前に宇宙の真理を悟りましたが、お釈迦様が悟った宇宙の真理ですら、本当の宇宙の真理の1次元下の世界だったのです。

そして、今の時代、そのお釈迦様が悟った宇宙の真理の、さらに上にある次元の宇宙の真理が明らかになっているのです。

ですから、こうした宇宙の真理が見えてくると、人間と言うものがどうしてこの世に生まれ、何のために生き、何のために死んでいくのか、その大宇宙の営みが見えてくるのです。

こうした次元の世界を知ることで、自分が何のために生きているのかが明確になり、人生の成功とは何であるかがはっきりと分かるのです。

ですから、例えFXや仮想通過で何百億円稼いだとしても、それは単なる3次元世界でお金持ちになりました、と言うレベルの成功でしかないのです。

 

 

確かに、3次元世界のレベルでは何百億円もお金を稼げたら凄いことだと思いますが、5次元、6次元、7次元、8次元の世界になってくると、何百億円と言う資産の価値は完全にゼロになります。

つまり、何百億円、何千億円、何兆円の資産を持っていても、価値はゼロなのです。

何の価値かと言いますと、5次元、6次元、7次元、8次元の世界で生きるために必要な魂のレベルの価値です。

こうした高次元の世界が見えてくると、この3次元で手に入れるべきものが何なのかが見えてきます。

それは、お金ではないのです。

ですから、お金持ちになりたいと言って、FXや仮想通貨で何百億円稼いでも、あまり意味がないのです。

仮に、その稼いだ何百億円を社会貢献に使ったとか、世界の平和のために使ったとか、そういう使い方をした人は天国に行けるかもしれません。

 

自己投資こそ最大の投資先

 

しかし、FXや仮想通過と言うモノは、実体のないお金を膨らませているだけのマネーゲームなので、その結果は世界の貧富の差を拡大していることになるのです。

地球の資源は有限ですが、投機マネーが膨らむと言うことは、地球の物価が上がると言うことであり、これはインフレを誘発しているのです。

そして、実体経済によって得られたお金だけを持っている主な貧困層の人達は、物価がどんどん上がってしまいますのでより一層貧乏になっていくのです。

つまり、膨らむ投機マネーの中に自分のお金を投資すると言うことは、そうした貧富の格差の拡大に貢献してしまうことになるのです。

 

 

天はこれを許すかどうかです。

更に言うならば、こうした天の意志を汲むことが出来るかどうかと言うことです。

こうしたことを判断できる思考こそが、自己投資なのです。

私は自分の頭脳に自己投資を続けてきたことで、こうした明瞭な判断をすることができ、何が正しくて何が間違っているのかを見分けることができるようになりました。

これこそが本当の財産だと私は思います。

ですから、一番リターンが大きい投資先とは、自己投資だと思うのです。

 

龍神汰琵の無料メルマガ

無料メルマガ登録で「ハッピーリッチプロジェクト実践マニュアル」第1章プレゼントしています。

あなたの人生を幸せな物語に書き換える完全無料メルマガ「どんな人でもハッピーになれる不思議な話 」にてぜひ受け取ってください。

 

龍神汰琵の有料メルマガ

本当の成功法則とは、誰もが幸せになれる成功法則なのですが、誰もが幸せになってしまったら都合が悪い人たちもいます。

ですから、この世界には誰もが幸せになれる成功法則があってはならないのです。

あってはならないというか、本当はあるのだけれど、それは知られてはいけないということです。

その証拠に、インターネットを検索しても、誰もが幸せになれる成功法則なんて出てきません。

大型書店に行っても探し出すことはできません。

誰もが幸せになれる成功法則とは、知ることができる人だけに知らされるものなのです。

その成功法則を、龍神汰琵のメルマガで配信しています。

おそらく、このメルマガでしか知ることができない、本当の宇宙の秘密や誰もが幸せになれる成功法則をお届けします。

読んで得したらポチお願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください