バレない副業専門マスターコーチ 龍神汰琵のプロフィール

龍神汰琵
はじめまして。

私は「バレない副業専門マスターコーチ 龍神汰琵(Tatsujin Tabi)」と申します。

ここでは、まだ私のことを良く知らないという方に向けて、自己紹介をさせていただきます。

私がどんな人間で、何を考えて生きているのか、少しでもあなたに知っていただければ幸いです。

はじめに

 

私は副業禁止の会社に勤めながら、「顔出しなし」「資金なし」「コネなし」から副業をスタートして、今日まで着実に実績を上げてきました。

実績としましては、「ハッピーリッチ プロジェクト 実践マニュアル」という情報教材を自ら作成して情報商材最大手のインフォトップで販売させていただいております。

また、グーグルアドセンスなどでも安定した収益を稼いでいます。

しかし、これまではどちらかというと自己流でやってきたこともあり、あまり大きな成果は得られなかったのですが、もっと多くの人たちに本当に価値ある情報を提供しようとビジネスの本質から徹底的に学んで実践しました。そして、本当に価値のある確たる手ごたえを感じたので、本格的に副業専門のコーチングを始めました。

 

バレない副業術とは?

 

このブログは「バレない副業で継続して月に10万円稼ぐ方法」と言います。

昨今においては、日本の企業は働き方改革のあおりを受けて、働きたくても働けなくなってしまい、年収が激減してしまった会社員が世の中にあふれかえっています。

年収は激減してしまったけど、逆に時間は沢山あるので、副業でもしてなんとか稼ぎたいと思う人たちが激増しているのです。

しかし、副業をしたくても、本業の会社が副業禁止だったりすると、副業をしたくてもできないという人が多いと思います。

また、副業はしているのだけど、副業禁止の会社に勤めているから、顔出ししてバレたらまずいので、顔出ししないで副業をしているという方も多いと思います。

「顔出しあり」と「顔出しなし」で副業するのは、「顔出しなし」で副業するのが圧倒的に不利だと思います。

 

 

なぜなら、ビジネスにおいて一番大切なことは信頼を勝ち取ることなのですが、「顔出しなし」の人は「顔出しあり」の人に比べて圧倒的に不利だからです。

私も顔出しをしないで副業をしているので、そのジレンマには相当悩まされました。

しかし、今言えることは、月収数千万円とか、そういうレベルを狙わなければ、「顔出しなし」でも稼ぐことは可能なのです。

ですから、私は副業禁止で顔出しできない会社員のために、顔出しなしで継続的に稼げるバレない副業術を発信していくことにいたしました。

 

本物の成功法則とは?

 

私はこれまで、最新のテクノロジーを駆使した巨大な基幹システムのスペシャリストとして20年以上実績を積んできたのと同時に、独学で成功法則を20年以上研究し、政治、経済、金融、それから、哲学、宗教、スピリチュアル、心理学など、かなりの分野の研究に没頭してきました。

学んだ成功哲学メソッド

「思考は現実化する」
「マーフィー」
「引き寄せの法則」
「ジュガール」
「帝王学」
「九星気学」
「四柱推命」

テクノロジーの知識と成功法則の知識を駆使して、時価総額何兆円という何社もの大企業を相手に、巨大プロジェクトの進行をコントロールして、私が手掛けた基幹システムは毎年何兆円という経済効果を生み出してきました。

20年以上にわたりこれほどの実績をあげてこられたのは、私が本当の成功法則を熟知しているからだと思います。

私の経験から言えることは、私の成功法則は実社会においても確実に通用することが証明されているということです。

しかも、この成功法則はビジネスで成功するためだけの法則ではなく、あらゆる人々を成功に導くための真の成功法則なのです。

なぜ、私がこのような真の成功法則をマスターできたのか、そのいきさつをご紹介いたします。

 

平凡な人生の日々

 

私は生まれたときから特別な人間だったわけではありません。

今もまったく特別な人間ではなく、本当に普通の人間です。

私は幼少時代からちょっと自信がない人間で、いつも控えめな人生を選できました。

成績がいいわけでもなく、運動神経もそこそこ、とにかく平凡な人生でした。

 

 

大学を卒業して就職し社会人になって、周りの人達がみんなすごい人に見えて、自分はクビにならないように頑張ろうと思っていました。

私はいつもスゴイ人と自分を比べてしまう癖があって、その度に自信を無くしていきました。「どうせ自分は何もできない人間」

そんな劣等感がどんどん膨らんでいきました。

 

人生を変えた1冊の本

 

私が、25歳の時、何年も受け続けてきたある国家試験を受験して、「落ちたな」という感触があったので、その試験の帰り道に新宿の紀伊国屋に行きました。

そこには、「金持ち父さん 貧乏父さん」というロバート・キヨサキ氏の本が山積されていました。

 

 

「なんだ?金持ち父さん 貧乏父さん?」

なぜかその本がすごく気になって、買って読み始めました。

そこには、衝撃的なことが書かれていました。

「お金持ちはお金持ちになる言葉を使う。貧乏人は貧乏になる言葉を使う。貧乏人は、いつもお金が無い、お金が無いと言う。そしてお金がもっと無くなる。」

もちろん、私は客観的に見てもお金持ちではなかったので、この言葉に衝撃を覚えました。

それから、私は将来は金持ちになるぞって思い、いろいろ勉強していくうちに、膨大な本を読むことになりました。

 

本物の成功者の思考回路

 

「金持ち父さん 貧乏父さん」のシリーズ本もすべて読破していった私は、ある日、「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者であるロバート・キヨサキ氏が初来日するという情報をキャッチし、横浜のパシフィコ横浜の講演に参加しました。

この講演はロバート・キヨサキ氏が英語でしか話せないので、同時通訳にあのジェームス・スキナー氏が来るという豪華メンバーで行われました。

今ではそのときロバート・キヨサキ氏やジェームス・スキナー氏が何を話していたのかさっぱり覚えていませんが、講演の後にロバート・キヨサキ氏の10万円もするプラチナ・コンサルティングに行列ができていたことを覚えています。

このころはかなりお金持ちになるぞって熱を入れていて、起業セミナーとかもバンバン行っていました。

 

ブレイク前のホリエモンとの出会い

 

中でも驚いたのは、サイバーエージェントの藤田社長のセミナーに参加したとき、ほとんどの参加者はこの頃からすでにカリスマ社長だった藤田社長の話を聴きたくてセミナーに参加していたのですが、そのセミナーのもう一人の講師があのホリエモンさんだったのです(後日、このセミナーのDVDを買ったら自分が写っていました(笑))。

この頃のホリエモンさんはまだ、株式会社エッジというライブドアの前身の会社の社長だったのですが、どんな人なのかその日会うまで全然知らなかったのです(おそらく、セミナー参加者の大半が)。

そして、そのセミナーから数か月後、ホリエモンさんが球団を買収しますみたいな話になって、日本中にホリエモンさんの名前が知れ渡ることになりました。

「あの人めっちゃすごい人だったんだ~。名刺もらっておけばよかった」と、その時に初めて知ったのです。

その後、たった一人で年収5億円稼ぐ社長からビジネスのコンサルティングを受けさせてもらい、そこでかなりの実践的なビジネスを学ぶことができました(都内の超高層タワーマンションで夜景を見ながら、本当に別世界?と思いました)。

その社長の話は信じられないような話ばかりで、「ロールスロイスを買ったんですけど、車がでかくて駐車場も入らないから邪魔になっちゃってすぐに売ったんですよ~(笑)ちなみに、僕、免許持っていないんで、運転手もセットでした」とか、「今一番欲しいものですか?そうですね~、Googleですね~」とか、凡人ではとても想像できないような話をされていたのを覚えています。

そんな成功者達に少しでも近づきたいと私も一所懸命努力したり本を読んで勉強していました。

 

成功哲学ブログの立ち上げ

 

この膨大な知識を整理して成功哲学ブログを立ち上げたところ、沢山の人達に支持されて、人気ブログランキングの成功哲学部門で第1位になりました。

つまり、一所懸命ブログを書いていたら、成功哲学部門で日本一のブロガーになってしまったのです。

さらに、当時のアメブロの読者数は2430人に達しました。

読者数

 

しかし、アメブロは規約が厳しくて表現にかなりの制約があり、際どい内容のブログは「この記事は表示できません」となってしまっていました。

それでも際どいブログを書き続けていたら、ある日ブログが削除されてしまいました。

一度はブログをほとんどやめていたのですが、さらにさらに研究を重ねていくうちに、やはり少しでも役に立つ情報を発信したい衝動が強くなってきたので、ブログを再開しました。

そして、私は膨大な分野の研究を行っていくうちに、お金持ちになることよりももっと重要なことに気が付きました。

 

真の成功法則との出会い

 

成功法則の研究を20年以上続け、なんとなくこの世界の仕組みが理解できたかなと思っていたころ、私には凄まじい覚醒が起こりました。

この頃は、この世の仕組みもあの世の仕組みもかなり理解できていたので、多角度的に成功法則を体系化してブログやマニュアルなので情報発信をしていたのですが、ある日、東京の武蔵御岳神社に参拝したとき、宇宙のテクノロジーのビジョンが閃きとして明確に分かりました。

この時、私が閃きとして受け取ることができたのは、巨大基幹システムで培った最先端のテクノロジーの知識があったからだと思います。

さらにその1年後、これまで学んできたあらゆる成功法則の知識によって、この宇宙の真理まで到達することができました。

なぜ、そのようなことが起こったのかと言いますと、私はこの頃ものすごい勢いでまるで導かれるように日本全国の神社に参拝していたのです。

その時、私が日本全国の神様にお伝えしていたことは「日本のために一所懸命がんばります」ということだったのです。

 

 

なぜ副業コーチになったのか?

 

宇宙の真理を学んできた私がなぜ、副業コーチをやっているのかと言いますと、それが世の中にとってとても求められていることだと考えたからです。

私は宇宙の真理を熟知していますので、正しいお金の稼ぎ方を熟知しています。

お金は正しく稼がないと非常に危険なのです。

例えば、心理マーケティングというものは何のためにあるのかご存じでしょうか?

人間の心理を自由自在に操って、意味のない商品を売りつけるためにあるのでしょうか?

これは全然違います。

なぜ、心理マーケティングがあるのかといいますと、本当にいい商品があったとしても、人はなかなかその商品を購入しません。

ですから、本当にいい商品なのですから、その商品を買っていただくために、心理マーケティングを駆使して、商品を購入してもらうためにあるのです。

つまり、本当にいい商品を一人でも多くの人にお届けするために、あらゆる努力をする活動こそがマーケティングであり、決して意味のない商品を押し売りするためにあるものではないのです。

しかし、この本質が分かっていない人は、マーケティングスキルを身に着けて意味のない商品を売りつけたりしています。

そういう稼ぎ方をすると、地獄に落ちますよということなのです。

つまり、今の時代、天国と地獄という世界を熟知し、正攻法によってお金を稼ぐ方法をお伝えするニーズが高まっているということなのです。

ほとんどの起業家はスピリチュアルなんてまやかしだと思っているのですが、歴史的に偉大な成功を収めたレオナルド・ダ・ビンチ、アインシュタイン、エジソン、松下幸之助がどんな人間であったのか全く理解できていません。

しかし、スピリチュアルの視点から見れば、レオナルド・ダ・ビンチ、アインシュタイン、エジソン、松下幸之助がなぜ歴史に名を残すほどの成功を収めたのかは明らかに分かることなのです。

こうしたスキルを持って、これから顔を出せない人たちを継続的に月10万円稼げる方法をお伝えできればと考えてブログをはじめたのです。

 

おわりに

 

長くなりましたが、私がどんな人間で、何を考えて生きているのか、少しだけでも分かっていただけたでしょうか?

このブログを通じて、本当に「顔出しなし」「資金なし」「コネなし」で稼げる最新の副業テクニックを発信していきますので、よろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

龍神汰琵

「顔出しなし」「資金なし」「コネなし」

副業禁止の会社員が顔出ししないで
趣味や好きなことを商品化して
継続的に月10万円稼ぐ方法を
知りたくないですか?

2 件のコメント

  • 初めまして。
    悩んだ時、悩んだ友人へもここを訪れて元気をもらったり贈ったりさせて頂いております。
    以前あった『不倫は宇宙的にいけないことか。不倫はいけないことだと考えることが間違いだとしたら…』というタイトルがあったかと思うのですが、探しても見つかりません。
    あの内容に大変勇気付けられておりますので、読めるようにして頂けると本当にありがたいです。
    どうかよろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます。
      いつも私のブログを読んでいただき誠にありがとうございます。

      さて、リクエストの記事につきましてはgoogleのポリシーに抵触する可能性があり、サイト運営に影響があることから当ブログでは公開することができなくなりました。
      このため、ブログには書けないお話は私のメルマガ「世界一幸せな男・龍神汰琵が語る不幸のどん底から這い上がる方法!」にて
      公開させていただいております。
      リクエストのありましたお話につきましては12月15日(日)発行の第12号に掲載させていただきますので、ぜひメルマガにご登録いただければ幸いでございます。
      このメルマガは初月無料となっておりますので、ぜひこの機会をお見逃しなくお願いいたします。

  • ラン にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください