幸せになるために必要なこととは情報から距離を置き心を鎮めること!

 

今の時代、幸せな人よりも不幸な人のほうが多いような気がしますが、それはなぜだと思いますか?

それは、「幸せの本質」を知っている人が少ないからなのです。

なぜ、今の時代「幸せの本質」を知っている人が少ないのかと言いますと、分かり易く言うならば、みんな「忙しすぎる」からです。

ではなぜ、みんな忙しすぎるのかと言いますと、それは情報が多すぎるからです。

昔の情報源はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞、これくらいでした。

しかし、今はそれに加えてスマホ、SNS、YouTube、インスタ、フェイスブック、LINE・・・など、とてつもない情報に汚染されているのです。

私は電車通勤をしているのですが、電車の中でボーっとしているのは私とご年配の方くらいで、あとの99%の人はスマホをいじっています。

情報にさらされていると何がいけないのかと言いますと、心が静まらないのです。

心が静まらないがゆえ、情報に振り回されてしまい、大切なことを見失い、気が付くと不幸な人生になってしまうのです。

心を静かにして、人間が幸せに生きるための基本的なことを実践するだけで、誰でも幸せになれるようになっているのです。

幸せになる方法とは、心を静かにして、基本的なことをしっかりやることなのです。

 

幸せになる方法の情報が多すぎる!

 

幸せになりたいと思ってネットで「幸せになる方法」と検索しても、あまりにも情報が多すぎて何を信用したらいいのか分からないと思います。

スピリチュアルな世界は分からない言葉とかも多いし、何やらマニアックだし、宗教的な話は難しくて理解できないことが多いでしょう。

幸せになりたいと願う人は沢山いると思いますが、簡単に幸せになれる方法と言うのがなかなか簡単には見つからないと思います。

そんな人のために、世界一分かり易くて世界一効果が出る幸せになるためマニュアルを私が作りました。

なぜ、世界一分かり易くて世界一効果が出るなんてことが言えるのかと言いますと、このマニュアルの根本は成功哲学なのですが、実は人類がこの世に生まれてくるそもそもの理由に通ずる根源の思想から「人間関係」「お金」「仕事」「恋愛」「健康」と言ったカテゴリに合わせてまとめているからです。

これらの情報をネットから集めようとしたら、情報のレベルが合いませんし、語り口調とかも違ってしまうため、理解するのにとても苦労すると思います。

ですが、私はこれらの各カテゴリに関する成功法則を分かり易く同じ口調で解説しているのです。

このマニュアル1冊あれば、人生で必要となる基本的な思想は学べることから、かなり効率的ですし、効果も抜群だと思います。

私はこのマニュアルを何度も読み直しておりますが、本当に人生で幸せになるために必要な思想を網羅的に盛り込んでいるため、入門書としてはかなりいい出来になっているのではないかと自負しています。

 

実践マニュアルで幸せになれる!

 

私が制作した「ハッピーリッチプロジェクト 実践マニュアル」はこの1冊で人生が成功できるようなコンセプトになっています。

この実践マニュアルの内容を実践し、自分の中に取り込みながら日常生活を送ることで、これまでの不幸な人生は驚くほど改善していくと思います。

人生が上向きになりだしたら、そこからさらに上昇スパイラルは加速して行きますので、不幸のどん底だったような人が、世界で一番幸せかも知れないと思えてしまうほど劇的に人生が向上することでしょう。

言葉には魂が宿ると言いますが、私はこの宇宙の真理を学んだので、私の一つ一つの言葉には宇宙の真理のパワーが宿っているのです。

同じ言葉でも、あまり知識が無い人が発する言葉と、宇宙の真理を知る者が発する言葉ではそこに宿るパワーが全然違うのです。

私が発する言葉は、あなたの魂を呼び起こし、あなたが長年纏ってきたネガティブなオーラを吹き飛ばすことでしょう。

そして、さらに私は2019年の夏頃から有料メルマガを創刊いたします。

 

⇒ 世界一幸せな男・龍神汰琵が語る不幸のどん底から這い上がる方法!

 

こちらは、これまで私が提唱してきた成功哲学について、次元を上げると言っても過言ではない、この3次元世界を超越した未来永劫に影響力を発揮する成功法則について語って行く予定です。

こうした次元の成功法則にも対応できるように、今からこの「ハッピーリッチプロジェクト 実践マニュアル」でしっかりと基本を学んでいただければ幸いでございます。

 

⇒ 「ハッピーリッチプロジェクト 実践マニュアル」

↑↑↑才能開発メール講座【全10回完全無料】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください