令和時代の成功法則とは?新時代の成功法則は個人ではなく全体で考える!




これまでの成功法則と言えば、「好きなことをして生きていきなさい」的な話が多かったと思いますが、新しい時代、「令和」の時代はそれは正解ではなくなります。

人は好きなことをして生きてはいけないのです。

なぜなら、この地球には地球人の生きる目的と言う人類全体の大きなテーマがあるからです。

「好きなことをして生きないさい」と言う成功法則は、耳障りがいいので、心が軽くなる気がするかもしれませんが、「好きなことをして生きないさい」と言う成功法則に違和感を感じていた人は、お待ちどうさまでした、いよいよその人の時代がやってきたのです。




好きなことをして生きてはいけない!

 

「好きなことをして生きないさい」と言う成功法則は、個人の成功を考える場合には有効だったかもしれませんが、これからの時代で成功するためには、人類全体と言うテーマを考えることが必須条件となってくるのです。

「好きなことをして生きないさい」と言われると、お金持ちになって、経済的自由を手に入れて、好きな場所で好きな仕事をして自由に生きる、と言うのが理想になるかと思いますが、これはもうアウトです。

なぜなら、「その人生にどんな意味がありますか?」と言う質問に対して、「その人生に何の意味もありません」と言う答えしかないからです。

では、人生にはどんな意味を持たせなければならないのでしょうか?

それは、この地球を守ることなのです。

 

私達はみな地球を守る責任がある!

 

「私達の成功は、地球を守ることである」と聞いて、「何言ってんだ?」と思われる人が多いかもしれません。

ですが、これが新しい時代の成功法則です。

先日、私はブログで成功とは「少しでも神様に近づくことである」と言いました。

「少しでも神様に近づく」ために何をすべきかと言う具体的な行動こそ、地球を守ることなのです。

地球を守ると言うと、正義のヒーローにならなければならないような気がしますが、正義のヒーローにならなくてもいいので、地球を守ってください。

地球を守ると言う本当の意味とは、まず初めに地球が何であるかを知る必要があります。

地球とは、太陽系の一惑星だけの存在ではありません。

地球とは、この大宇宙にとって、かけがえのない大切な星なのです。

なぜかと言うと、地球とはこの宇宙において、様々な生命体の魂が成長するために用意された大宇宙においてもかなり貴重な星なのです。

様々な生命体と言うのは、この大宇宙に存在する様々な宇宙人のことです。

「宇宙人なんているのか?」と言う質問はしないでください。

そんな質問をしている人も「宇宙人」なのですから。

 

地球人類の目的を思い出そう!

 

私達は、自分の夢を叶えるために生まれて来たわけではありません。

私達は、魂を成長させると言う絶対不変の目的を持って生まれてきているのです。

そして、私達地球人以外の宇宙人達も、魂を成長させると言う絶対不変の目的を持って生まれてきているのです。

しかし、宇宙人の中には超高度な文明を持っていても、精神レベルが低い種族もいるので、愛とか調和とか、そういった心を学ぶために地球に来ている種族もいるのです。

もちろん、精神レベルが非常に高く、神様のような宇宙人も沢山います。

宇宙人達は、姿かたちはそれぞれ違うのですが、人間の姿に変身することができるのです。

普段は人間の姿で人間社会に溶け込んでいますが、それぞれ元の姿に変身することができます。

なぜ宇宙人は変身できて、地球人は変身できないのかと言いますと、それはその種族と繋がっている潜在意識の種類が違うからです。

地球人の潜在意識は、奇跡のようなことを信じられないため、奇跡のようなことができないのです。

宇宙人は独自の進化の過程で、そういった壁を超えて来たからこそ、その種族の潜在意識は自由自在に変身することを可能としているのです。

地球とは、そうした多くの種族の魂達が共存して、愛と調和の精神を学ぶ魂の修行の場所なのです。

私達地球人は、そんな奇跡の星で、魂の修行を励むためにこの世界に生まれてきたのです。

読んで得したらポチお願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓



龍神汰琵のメルマガ


世の中に成功法則の本はありふれていますが、本当の成功について語られている本は意外と少ないと思います。

私がこれから世に放つ成功法則は、努力して勝ち取るような選ばれた人だけが成功できる法則ではなく、この地球上に生存する全ての人達が成功できる究極の成功法則です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください