お金持ちの習慣とは道に落ちている1円玉を見つけたら必ず拾う!

freee151117071495_TP_V

 

落ちている1円玉を見つけたらどうするか?

 

あなたはもし、道端に1円玉が落ちていたらどうしますか?

多分、ほとんどの人は、その1円玉を拾おうとはしないと思います。

それは千円札だったら拾っているかもしれませんが、1円玉ならそれを拾ってもたいしたことがないと思っているからかもしれません。

そもそも、1円玉を見つけたら本当は拾いたいのだけど、人目を気にして拾えないという人がいるかもしれません。

人通りが多いところで落ちている1円玉を見つけてしまうと、意外と拾い方が難しいのです。

しかし、お金持ちはお金を大切にしていますから、道端に1円玉が落ちていたら必ず拾うのです。

お金持ちの習慣とは、常にお金を大切に扱うと言うことです。

そうは言っても、1円玉を見つけてそれを拾っているように見られるのはちょっと嫌ですよね。

そんな時のために、私が愛用している1円玉救済テクニックをこっそりお教えします。

 

道端に落ちている1円玉を自然に拾うテクニック!

 

道端に落ちている1円玉を見つけたら、その場所にしゃがんで靴の紐を直すふりをするのです。

「おっと、靴の紐がほどけてる!」という感じで。

そして、靴の紐を結び直すフリをしながら、さっと1円玉を拾い上げる。

これで恥ずかしくありませんね。

 

1円玉の摩訶不思議な物語

 

1円玉は助けを呼んでいる!

 

ここで、1円玉にまつわる摩訶不思議なお話をいたしましょう。

1円玉を見つけた人は、実は1円玉がその人を呼び掛けているから見つけることができたのです。

「おーい、おーい、私は1円玉ですよ~、ここですよ~、こっち見てください!」と。

その声に気が付いた人だけが、1円玉を見つけることができるのです。

落ちている1円玉は、実は生きているのです。

そして、落ちている1円玉は、いつ車に踏まれるかもしれない恐怖でブルブルと震えているのです。

そこに1円玉の気持ちが分かる人が通りかかると、テレパシーでその人に助けを求めるのです。

ですが、たいがいの人は、1円玉を見つけても「なんだ、1円玉か」と思って素通りしてしまうのです。

これは1円玉にとったら大変ショッキングなことなのです。

ですが、1円玉のことをよく理解しているお金持ちの人は、1円玉を見つけたら素通りせずに、ちゃんと救済してあげるのです。

ここがお金に好かれる人とお金に嫌われる人の違いです。

本当に大切なことなので、しっかりと頭に入れてください。

お金に好かれる人は、1円玉を見つけると、無視するどころからどんなに1円玉が汚れていても拾い上げて拭いて、小銭入れに入れてあげるのです。

1円玉が一番居心地がいい場所が、小銭れなのです。

ですから、1円玉を救済してあげて、小銭入れに入れてあげると、1円玉はとても喜ぶのです。

 

拾ったお金が仲間を連れてくる!

 

そして、拾われた1円玉は、小銭入れに入っている他の小銭に、この人がどんなに素晴らしい人か話まくるのです。

すると、他の小銭たちも、自分の主人がとてもいい人だということを知ってうれしくなるのです。

やがて、小銭たちは、旅に出る時が来るのですが、旅先でもこの主人のことを語り続けるのです。

すると、多くの小銭たちは、この主人のところに行きたくてしょうがなくなってしまうのです。

さらに、小銭の親分であるお札さんにもその噂は知れ渡り、お札さんもいつかその人に会ってみたいと思うようになるのです。

こうして、お金を大切に扱う人のところには、お金が集まってくるのです。

 

お金持ちはお金の秘密を知っている!

 

本当のお金持ちは、決して口にしないけれど、実はこの嘘のような本当の話をなぜか知っているのです。

“お金は、生きている”

この世のすべての物は、大切にしてくれる人のもとに集まっていくというのが、法則なのです。

 

まとめ

 

お金持ちの習慣とは、道端に1円玉が落ちていたら必ず拾います。

なぜなら、お金持ちはお金をとても大切にしているからです。

お金はお金を大切にする人のところに集まるのです。

お金持ちはお金の秘密を知っているのです。

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください