魅力を高める考え方!誰からも好かれる人は常日頃から人の心を温めている!

何を言えば人が喜ぶのかを考える!

 

 

誰からも好かれる人と誰からも嫌われる人の違いとは何なのか?

 

いろいろな人をじっと観察していると、その違いがだんだん分かってくると思います。

 

誰からも好かれる人は、自分に拘りを持っていません。

 

例えば、誰からも好かれる人が、人から批判的なことを言われたとします。

 

そんな時、誰からも好かれる人は、その批判的な言動に対して、特に反論したりせず、そういう面もあるかなと受け止めることができます。

 

しかし、誰からも嫌われる人は、人から批判されるとどうしても反論してしまうのです。

 

なぜなら、ここで反論しないと、自分のこれまでの全てが否定されてしまうような気持ちになってしまうからです。

 

 

自分が否定されることを怖がる理由!

 

なぜ、これまでの自分が否定されるのが怖いのかと言いますと、こう言う人は実は劣等感を抱いているからなのです。

 

劣等感を抱いてしまったのは、ほんのささいな失敗から始まっているのかも知れません。

 

劣等感があるから、人の幸せを認めたくない、人の幸せが認められないから不平不満を言ってしまう、不平不満を言っているから仲間が離れていく、そしてまた劣等感を膨らませてしまう。

 

こんな感じで本人が意図する方向と逆のことばかりが起こるので、不平不満も蓄積されていきます。

 

そして、常日頃から不平不満を言うことが癖になってしまい、仲間はどんどん離れて行き、いつまでも出世できずに全てが面白くなくなって行くのです。

 

では、こういう人はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

自分への執着を無くした時オーラが放たれる!

 

それは、もう自分のことは何も考えないことです。

 

自分がいかにすごい人間で、周りの人がいかに無能で自分の実力を分かっていないのか、そのことはもう忘れましょう。

 

もう自分は凄い人でもないし、凄くない人間でもありません。

 

自分のことはもうどうでもいいので、とにかく周りの人がハッピーになるようなことを言ってあげましょう。

 

目上の人には「今日は天気がいいですねえ」とか「最近すっかり暖かくなりましたねえ」とか、心が明るくなるような事を言っていればいいのです。

 

目下の人には「君はいつも元気がいいねえ」とか「最近の若い子には珍しく挨拶がよくできるねえ」とか「見た目以上に仕事をしっかりやるんだね」とか、やはり心が明るくなることを言っていればいいのです。

 

ダメなのは「消費税がまた上がるってさ、もうやんなっちゃうなあ」とか「働き方改革と言っても何も変わらないよ」「新元号、なんかダサいよね」とか、批判的なことばかり言うのはダメです。

 

周りの人の気持ちが明るくなるようなことをあえて言うのです。

 

人を笑わせるためにネガティブなことを言うのはよくありません。

 

人を笑わせるためであっても、人の心が明るくなるようなことを言いましょう。

 

それを心掛けるだけで、いつの間にか、誰からも好かれる人になれるのです。

 

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

⇒ 人生が苦しくてつらい人には想像を絶する幸福の未来が約束されている!

 

⇒ ハッピーリッチ・プロジェクト 実践マニュアル

 

⇒ 今まであえて語ってこなかった極秘の成功法則を期間限定で遂に公開!

 

⇒ 悪い習慣を改めると不幸な人生から脱出することができる!

 

⇒ 世界一幸せな人が語る世界一幸せな人生とは?

 

⇒ イライラをやめて我をなすくとたちまち人生はうまくいくようになる!

 

⇒ 何気なく発している口ぐせが人生に多大な影響を与える!

 

⇒ 人生を支配する潜在意識の恐るべき正体とは?

 

⇒ 不幸のどん底から億万長者に!あなたの人生に奇跡を呼び起こすツヤの法則!

 

⇒ 失敗だらけの人生の意味!うまくいかないことが幸せな場合がある!

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください