松下幸之助の名言やエピソード!経営の神様と呼ばれる本当の理由とは?

 

経営の神様と言えば、松下電器(現パナソニック)の創業者である「松下幸之助」さんではないでしょうか?

松下幸之助さんがなぜ経営の神様と呼ばれるのか、それには知られざる理由があります。

ここでは、松下幸之助さんのエピソード、名言、松下幸之助さんが経営の神様と呼ばれる本当の理由について解説していきたいと思います。

松下幸之助のエピソード

 

松下さんのエピソードとしてとても有名な話が、松下幸之助んさんは「病気がち」「低学歴」「家が貧乏」という境遇だったのですが、それをバネにして努力し、世界的な企業を作りあげたということです。

 

 

この素晴らしい功績は、誰もが見本にすべきと言うことで、沢山の書籍が出されています。

成功法則に関わらず、いろいろなジャンルにも松下幸之助さんの逸話は出てきます。

それほど、経営の神様の生き方が学ぶべきことが多いと言うことなのですが、私達のような平凡な人間は、努力をすれば誰もが松下幸之助さんのように大成功できるのか?と言いますと、実はできないのです。

なぜ、松下さんは「病気がち」「低学歴」「家が貧乏」なのに、その逆境に負けずに頑張ることができたのでしょうか?

普通の人なら「病気がち」「低学歴」「家が貧乏」なら、人生を諦めてしまったり、やけをおこしたりするかもしれません。

ですが、松下さんは逆境に負けなかった。

それは、松下さんがすごい人間だからではないのです。

 

松下幸之助さんの本当の正体とは!

 

実は、普通の人間には努力にも限界があって、世界的な有名になることは普通ではまずあり得ないのです。

どんなに努力をしても、世界的に有名になることはほぼあり得ません。

なぜなら、世界的に有名になる人と言うのは生まれながらにして普通の人ではないからです。

普通の人は、魂のレベルが5次元なのです。

しかし、世界的に有名になる人と言うのは、人類を引っ張っていくリーダ的存在であるのですから、魂のレベルは6次元、7次元なのです。

経営の神様と言われる松下幸之助さんは、もともとは6次元の世界の住人だったのです。

 

 

ですから、普通の人の魂のレベルではないため、世界的に有名になることができたのです。

6次元とは既に神様の領域であるため、松下幸之助さんが経営の神様と言うのは比喩ではなく、実は本当のことだったのです。

世界的に有名な人達は、ほぼ例外なく6次元以上の魂のレベルなのです。

ちなみに、人類史上最高峰レベルの魂の持ち主は、釈尊やイエス・キリストです。

彼らは2000年以上に渡って世界中に思想を語りつがせているわけですから、その魂レベルは半端ではありません。

彼らの魂レベルは9次元です。

 

見のほどを知らない欲を抱かない!

 

成功哲学では「夢は望めば何でも叶う」と言われたりしますが、何でも叶うわけではありません。

やはり限界があるのです。

思考は無限に広がりますが、物理的な現象として現れるためにはやはり限界があるのです。

ですから、見のほどを知らないほどの大きな夢や願望を持っても叶うことはありません。

魂のレベルが5次元の人が世界的に有名になるような大成功を収めることはほぼほぼ無いのです。

 

 

なぜなら、5次元の人達は世界を引っ張っていくリーダではないからです。

5次元の魂の人達は、何度も転生輪廻をして魂を磨き、いつか6次元に行けることを目指して日々修行に励んでいるのです。

ですから、5次元の人達は、死ぬ気で努力しても5次元の枠からは超えられないのです。

5次元の人達が世界的に有名になれないのは当たり前なのです。

 

今の時代は神様を信じないと成功できない!

 

今の時代、神様を信じない人が多いと思います。

昔は神様とか仏様とか信仰する人が多かったのですが、最近では文明が発達し過ぎて、神仏を信仰する人達が少なくなってしまいました。

そもそも神様なんて本当にいるのでしょうか?

 

 

神様と言えども、目に見えるわけでは無いので、物理的に証明できない限り信じないと言う人もいるかもしれません。

しかし、神様はいるとしか言いようがないのです。

なぜなら、神様がいないと、この世の存在が説明できないからです。

どういうことかと言いますと、ビッグバン(宇宙の始まり)の理論が、神様がいるいない以上に嘘臭いのです。

 

ビッグバン理論を信じるほうが難しい!

 

その昔、まだ宇宙がない時、ある点の超意識がありました。

その点が「在れ」と言った瞬間宇宙が誕生しました。

そして銀河が出来て、恒星ができて、惑星ができて、生命が生まれて、人類が生まれたとさ。

神様を信じない人はこのビッグバンの理論を信じることになるのですが、ビッグバンの理論のほうがよほど信じられません。

 

 

地球と言う惑星に水とか土とか、地球にある物質がなぜかアメーバになり、魚になり、動物になり、人間になったというとても信じられない理論です。

神様が人間を作ったと考えたほうがよっぽど現実的だとは思いませんか?

私が何が言いたいのかと言いますと、神様はいますよと言いたいのです。

仏様もいますよと言いたいのです。

人類の歴史において、これほど神仏を信仰しない時代はなかったことでしょう。

いや、世界の人類を見れば、未だに神仏を信仰している人達は多いと思います。

この日本が問題なのです。

 

なぜ日本は先進国なのに不幸な人が多いのか?

 

この日本がなぜ先進国でありながら幸福になれないのか、それは神仏の信仰が欠落しているからです。

本当にそれだけなのです。

ではなぜ、日本は神仏の信仰がこれほど衰退してしまったのでしょうか?

それは戦争に負けたことや近代化によって神仏を信仰しなくても安定した食料供給が可能となったことなど色々考えられます。

しかし、神仏を信仰しなければ、人間は幸せに生きて行くことはできないのです。

これは宗教の話ではありません。

成功法則の話です。

つまり、人生で成功するためには、神仏を信仰しなければ成功できないのです。

 

 

信仰とは、目に見えなくても信じることを言います。

目に見えるから信じますとか、奇跡が起きたら信じますとか、それは信仰とは言いません。

目に見えなくとも、奇跡が起きなくとも、何も疑わずに信じ切ることを信仰と言います

これが成功の条件なのです。

 

グーグルのCEOすら虚しく見える超次元成功法則!

 

では、神仏を信仰すればどれほどの成功が手に入るのか、ちょっとだけお教えします。

正直、グーグルやAmazonのCEOなど目じゃありません。

そんな次元の成功など私から言わせてみれば成功とは言いません。

この世の成功はどうあがいても所詮は3次元世界での成功でしかないのです。

神仏を信仰する者は、少なくとも5次元世界で成功することができるのです。

 

 

5次元世界で成功すると言うことは、3次元世界のどんな成功よりも2次元も格が上の成功になるのです。

ですから、グーグルやAmazonのCEOになったとしても、5次元の成功に比べれば足元にも及ばないのです。

なぜなら、5次元世界で成功したら、あなたの資産は100兆円どころの騒ぎではありません。

もはや、お金などなくても全ての夢が叶ってしまう、不老不死の夢すら叶ってしまう、とてつもない成功が手に入る世界なのです。

これが神仏を信仰する者の恐るべき5次元レベルの成功法則なのです。

 

松下幸之助の名言とは?

 

松下幸之助さんが本当の神様だったとは、おそらく誰もが驚きの事実だったこととともいますが、やはり神がかっていないと、世界に名を轟かせることはできないと思います。

そんな、松下幸之助さんの一番の名言と言えば、松下幸之助さんが採用面接のときに聞いていた質問に尽きると思います。

その質問とは、

あなたは自分は運がいいと思いますか?」というものです。

 

 

「はい」と答えた人を採用したそうです。

松下幸之助さん自身が「病気がち」「低学歴」「家が貧乏」だったのに、大成功できたのはまさに自分が運がいいと思っていたからに他なりません。

自分は運がいいと思っている人は、すごい奇跡が起こったりするのです。

松下幸之助さんはそのことを知っていて、そのことを自ら実践して証明するためにこの世に生まれてきたのかもしれません。

サバイバル時代のマインドセット

新型コロナウィルスや迫りくる
天変地異に立ち向かい乗り越える
最強のマインドセットを授けます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください