前澤友作氏と剛力彩芽が破局!絶好調からどん底に乱降下した理由とは?




 

ZOZO TOWNの元社長だった前澤友作氏と剛力彩芽さんが破局したというニュースを見て、前澤さんは成功者なのかどうなのかと言うことを考えてみました。

前澤友作氏はファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの創業者で、資産は2200億円あるらしいです。

2018年4月に人気女優の剛力彩芽さんと交際が発覚し、一躍有名になりましたよね。

2019年の1月にはTwitterで100人に100万円プレゼントしたり、月旅行を計画したりと常に話題になっていました。

しかし、2019年9月にZOZO TOWNの社長を辞任し、剛力彩芽さんとも破局してしまったとのことです。

絶好調だった前澤さんに何が起こったのでしょうか?

 




2018年7月に既に感じていた違和感!

 

これは昨年(2018年7月)に私のブログで書いた記事ですが、既にこの時から前澤さんの行動に違和感を感じていました。

 

2018年7月31日の記事

剛力彩芽を落とした前澤社長とは?超お金持ちで羨ましいけど自分の人生も素晴らしい!

 

あなたは剛力彩芽さんを落とした前澤社長をご存知でしょうか?

正直、私はこの話題が出てくるまで前澤社長って存じてなかったのです。

私は成功哲学というジャンルのブログを書いているのですが、今では人生の成功がお金持ちであることや女性にモテることではないと思っているので、前澤社長という方も完全にノーマークでした。

前澤社長とはファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの創業者らしく、資産は5000億円もあるらしいのです。

それだけを聴くとなんだかとてもすごい方なんだなって思うのですが、資産が5000億円あるとどれだけ幸せなのかって話なのです。

もちろん、お金が全然無いよりはあったほうがいいと思うのですが、私が理想とするロールモデルとはちょっと違うかなと言うのが私の感覚です。

正直、私は前澤社長のことをほぼ全くと言っていいほど知らないので、どんな人か全然分からないのですが、ネットで前澤社長がどんな人かを調べてみる限りでは、ギラギラしたお金持ちといった印象でした。

前澤社長はお金を持っているのですから、ギラギラしてもいいと思いますが、何と言いますか、私が理想とするロールモデルは努力してお金持ちになりましたとか、そういう方ではなくて、生まれながらにして、この世を救済するために生まれてきた救世主的な方に魅力を感じます。

例えば、イエス・キリストとかお釈迦様とか、そういった人達は、かなり位の高い魂を持ってこの世に降臨したと言われていまして、肉眼でも光放つオーラを見ることができたそうです。

そんな昔の人は本当に実在したのかどうかも怪しいという声も聞こえてきそうですが、今の時代において、それほどのレベルだなと思える人は、私はただ一人だけ知っています。

 

キリストやお釈迦様と並ぶ現在の救世主とは?

 

その方は、日本一の高額納税者である斎藤一人さんです。

斎藤一人さんは日本一の高額納税者で170億円以上を納税したということですが、実はお金持ちと言うと斎藤一人さんよりももっとお金持ちは沢山います。

ユニクロの創業者である柳井正さんは資産が1兆円以上あるらしいです。

柳井さんは安くて品質のいい衣料品を提供したことで、多くの人達を幸せにしたことは間違いないですし、雇用を創出したということでも素晴らしい功績だと思います。

ですが、それでもなお私が斎藤一人を素晴らしい人だと思うのは、斎藤一人さんが語ることがまさに「神的」だからです。

斎藤一人さんはよく宗教家と間違われるほどあちらの世界のことに精通していて、神様から色々な教えを頂いているらしいです。

それってまさに宗教家のやることじゃんって思われるかもしれませんが、斎藤一人さんは宗教家ではなく実業家であり、実業家でありながらこの世の仕組みやあの世の仕組みに精通している凄い方です。

 

斎藤一人さんだけが語った人生で成功する秘策とは?

 

ビジネス系の本で神様の話が出てくるのはほぼ斎藤一人さんくらいしか記憶にありません。

私が斎藤一人さんの本を読んで衝撃的だったのは、「成功は宇宙からやってくる」と言うことが書いてあったことです。

それまで、数えきれないくらいの成功哲学の本を読んできた私ですが、「成功は宇宙からやってくる」という、正直意味不明なことを言っていたのは斎藤一人さんだけでした。

ですが、斎藤一人さんの本を読んでいくと、なるほど~と思えることが多々ありました。

斎藤一人さんの頭の良さは異次元レベルだと思いますし、この宇宙の仕組みをかなり勉強しないと理解できないことも多いと思います。

ですが、斎藤一人さんの考えが理解できてくると、この宇宙の仕組みが見えて来たり、人生が本当の意味で成功したりするのです。

前澤社長の資産額5000億円と言っても、それは現金を5000億円持っていることではありませんし、会社の持ち株を現金化しようとしたら5000億円になることはまずないと思います。

なぜなら、持ち株を市場に放出したら需要と供給のバランスが崩れて株価は暴落するからです。

前澤社長がお金持ちであることには変わりませんが、そこに神的な思想がない限り、その人の生き方が本当に神様に祝福されているのかは疑問かなと思います。

例え億万長者になって若い女優と付き合いまくっても、それで魂の修行がなされるのかどうかのほうが重要ではないかと思うのです。

お金持ちを見て羨ましいなと思うくらいならいいと思いますが、自分が持って生まれた運命を全うすることのほうが魂の修行にはなると思います。

金持ちになることを目指すことはいいと思いますが、お金持ちになれなくても、魂の修行ができる人生を送れるなら、その人生は最高の人生だと私は思っています。

 

なぜ短期間で絶好調からどん底に乱降下してしまったのか?

 

2019年の1月にはTwitterで100人に100万円プレゼントする企画で注目を浴びる等、前澤さんはかなり絶好調な感じがありました。

ZOZO TOWNの社長で自家用ジェットも持っている大富豪ですし、超人気女優の剛力彩芽さんと交際していて、羨ましい限りの人でしたよね。

しかし、トントン拍子で成功してしまったせいなのか分かりませんが、人間的な魅力と言う意味では、そちらの努力をあまりしてこなかったのかもしれません。

なぜなら、あちらこちらから前澤さんのトラブルの噂が聞こえてくるからです。

お金を稼ぐ人ほど人間的な魅力を磨かないと、なぜかどん底に落ちてしまうような法則があるのかもしれません。

例えば、お金持ちになって有名になった人達は、だいたい同じようなどん底を経験していることと思います。

 

ホリエモンや与沢翼氏も同じ運命を辿っている?

 

私の記憶では、ライブドアの元社長だった堀江貴文氏は、プロ野球球団を買収しますと言って一躍有名になり、選挙に立候補したりテレビに出たりしてさらに有名になりましたが、証券取引法違反で逮捕され、刑務所に収監されてしまいました。

また、電車を広告ジャックして有名になった与沢翼氏も、派手な生活スタイルをアピールしていましたが、税金滞納で会社が経営破たんしてどん底に落ちました。

その後、堀江さんも与沢さんも復活して大成功していますが、絶好調になった後にどん底に転落しているのは前澤氏とも同じ運命のように感じます。

こうした事例を省みると、成功者はあまり派手に成功をアピールしてはいけないのかもしれません。

その点、ソフトバンクの孫会長やユニクロの柳井会長、楽天の三木谷会長は、莫大な資産を築いていますが、派手な生活をアピールしていませんので、順調な人生を送っていますよね。

有名になって注目されるほど、羨みや妬みのエネルギーを受けないようにしなければならないのかもしれません。

本当の成功者とは、そうした賢さも兼ね備えているのかもしれません。

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください