結婚しない人生の意味とは?今世では結婚しない人生が魂の学びになる!

 

一生結婚しない人が増えている!

 

MOM151117061265_TP_V

 

 

今の時代、一生結婚しない男性や女性が増えていると言いますが、結婚しない人達は、なぜ結婚しないのでしょうか?

また、結婚願望があるのに結婚できない人も沢山いると思いますが、なぜ結婚できないのでしょうか?

結婚しない人、結婚できない人には、実は大きな理由があるのです。

 

人生の正体とは何か?

 

そもそも、人生の正体とは何なのか?

これが分からない限り、例えお金持ちになっても、世界一のイケメンと結婚しても、人生的にはまったく意味が無いかもしれません。

意味がないと言うか、死んだ後に天国には行けないと思います。

ところで、天国と地獄って本当にあるんでしょうか?

それは死んだらはっきりと分かると思います。

死ななくても、お釈迦様が死後の世界はあると言っているのですから、きっとあるに違いありません。

 

天国や地獄はあるのか?

 

天国とは、誰もが幸せで、暖かく、いい香りが漂っていて、素敵な音楽が流れている世界です。

一方地獄とは、誰もが不幸で、寒く、臭くて真っ暗な世界です。

どちらの世界に行くのかは、生きている時の行動によって決まります。

天国に行ける人は、世の中のために尽くし、多くの人達を幸せにした人だけなのです。

それ以外の人はほぼ全て地獄に行くことになっているらしいです。

残念ながら、天国にも地獄にも行けない人は、浮遊霊となってこの世を彷徨っています。

つまりあの世という世界は本当にあるということなのです。

この宇宙にあの世とこの世があるとしたら、なぜ人はこの世に生まれてくるのでしょうか?

 

人は何のために生まれてくるのか?

 

それは魂が人間という経験を通して成長したいからなのです。

私達人間とは、魂が成長するために必要な道具みたいなものなのです。

 

生きる意味とは何ですか?人はいつか必ず死ぬのになぜ生まれてくるのか?

2019年9月23日

生まれたくなかったと言う人がこの世に生まれてきた理由!

2019年2月20日

 

この世はまさに東京ディズニーランド

 

人生もアトラクションも一瞬で終わる

日本一人気があるテーマパークは、何と言っても東京ディズニーランド、ディズニー・シーだと思いますが、ここは混んでいる時にはアトラクションを180分待って、5分で終わることなんてザラです。

アトラクションの座席数は限られていますので、1回に乗れる人数は決まっているのです。

そしてやっと自分の番が回って来たら、アトラクションに乗っている時間を思いっきり楽しむと思うのです。

あなたも自分の年を忘れて、子供のように無邪気にギャー!ギャー!って叫ぶことでしょう。

そしてアトラクションが終わり、「あ~楽しかった」って言うと思います。

人生とは、まさにこれと同じことなのです。

 

人生と言うアトラクション

 

私たち人間の肉体には数に限りがありますので、肉体を手に入れたい魂達がずっと順番待ちをしているのです。

それはもう180分とかではなく、180年とかそういう膨大な時間を待っているのです。

そしてようやく自分の番がやってきて、肉体が手に入ってこの世にオギャーと生まれてアトラクションが始まるわけです。

並んでいた時間に比べたら、アトラクションの時間なんてあっという間です。

ですから思いっきり楽しまなきゃもったいないのに、アトラクションに乗っていることを忘れて思い悩んだり怒ったり心配したりしています。

そしてあっという間にアトラクションが終わった時、「あれ?もう終わっちゃったの?」と後悔することになるのです。

魂とは何万年も前から存在し、人間という経験を何回もやってきていますので、1回の人生というのは一つの経験に過ぎないのです。

ですが、その1回の人生においても、学ぶことは沢山ありますので、人は一生懸命生きていろいろな経験を学んでいるのです。

 

結婚をしないと決めて生まれてきた理由

 

例えば結婚をしない人の人生にはどんな意味があるのでしょうか?

こういう人は、過去世において散々結婚という経験を積んできていますので、今世は結婚しないで自分の時間を楽しむ経験を望んで生まれてきています。

ですから何が何でも結婚しません。

当人としては、結婚するのが普通の人生だと思っていますので、結婚できないことに悩んだりしてしまうかもしれないし、親や周りの人からもいろいろ言われたりすることがあることでしょう。

ですが、魂的には結婚しない経験をすることが今世の目的ですので、結婚してしまったら今世の意味が無くなってしまうわけです。

ですから、当人は結婚できなくてかわいそうではなくて、それが魂が望んだ人生なのです。

 

子供を産まないと決めて生まれてきた理由

 

子供を持たない人生の人は、過去世でさんざん子供の世話をしてきているのです。

魂としては、子供を持たない人生を経験することを望んで生まれてきているのです。

人生の型にはまっていないからと言って、その人がかわいそうだとか思ってしまうのは大きな間違いなのです。

人それぞれ、魂が経験したいことは違うのです。

ちなみにどんな波瀾万丈な人生を送っている人でさえ、魂に状況を聞くと「極めて順調ですよ」と答えるのです。

なぜなら、当人は波瀾万丈でなぜ自分だけがって思っているかもしれませんが、魂としては波瀾万丈の経験がしたくて生まれてきているわけですから。

ですから、自分に起きる出来事に対して、嫌だなとか思うのではなく、「あ~、私の魂はこの経験がしたかったんだな。よし、魂のためにしっかり経験しておこう」って思うことが大切なのです。

 

結婚をすることの意味を考える!

 

今世で学ぶことがある

 

魂は何度も何度も肉体を変えていろいろな人生の経験をしてきています。

ですから、今世で何から何まで経験する必要はなく、今世で必要な経験だけできればOKなのです。

そういった次元から人生と言うものが見えてくると、今世ではどのように生きたらいいのかが分かってくると思います。

 

アトラクションは一瞬で終わる

 

アトラクションは一瞬で終わってしまいます。

ですから、悩んでいる時間などもったいないのです。

今、このアトラクション(人生)を思いっきり楽しむことが、今一番大切なことなのです。

結婚という経験が必要な人には、どんな人生を歩んだとしても結婚することになります。

結婚という経験が必要ない人には、どんな人生を歩んだとしても結婚することはありません。

ですが、それは死ぬまで誰にも分からないことなのです。

ですから、もしあなたが心の片隅で結婚したいと少しでも思っているのなら、結婚できるかどうかは分かりませんが、結婚するための行動を起こすことがとても重要です。

なぜなら、デキる限りのことをやって結婚できないのと、何もしないで結婚しないのとでは、人生の最後の時、後悔の度合いが違ってきます。

 

後悔しないように全力で生きる

 

人は人生の最後の時、後悔することほど悲しいことはありません。

後悔せずに生きるためには、今というこの瞬間にできる限りのことを精一杯やっていかなければならないのです。

結婚とは、好きな人と一緒になってハッピーになるためのものではありません。

全く違う価値感の他人が、お互いを尊重しあいながら、一緒に生活していくということです。

 

結婚は楽しこと1嫌なこと99

 

楽しいことが1あれば、嫌なことは99あります。

それでも一緒に生きていくという、とても大変な人間関係の修行なのです。

結婚をうわべだけで見ていると、こんなはずじゃなかったということになってしまいます。

結婚は恋愛の延長ではありません。

好きとか嫌いとか、そんな単純なものではないのです。

 

結婚生活にコツは無い!

 

そして、結婚生活をうまくやっていくコツなんてものもないのです。

夫婦それぞれ、無数のパターンがありますので、こうしたらいいとか、ああしたらいいとか、それがどの夫婦にもあてはまるというものではないのです。

だからこそ、結婚は人間関係を学ぶ上で最も難しく、最もチャレンジする価値があるものなのです。

それでも結婚したいと思えるのなら、あなたは結婚することを運命に選んでいるのかもしれません。

 

まとめ

 

結婚しない人生の意味とは、魂としては過去世で何度も結婚した経験をしているので、今世はあえて結婚しないで自分のやるべきことに没頭すると決めて生まれてきた魂もいます。

子供を産まない、産めない理由も同じです。

もう既に過去世で子供を産んで育てているのです。

ですから、今世では人に何を言われようが自分の人生を貫けばいいのです。

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






2 件のコメント

  • 死後の世界に天国も地獄もないですよ。
    あるのは”自分の意識”だけです。
    現実世界は波動が重いので意識が実現するのに時間が掛かりますが、死後の世界は波動が軽いのですぐに実現します。
    つまり、思ったことや考えたことが即実現するのが死後の世界。
    『天国のような世界』や『地獄のような世界』はありますが、それは本当の意味での天国や地獄ではないのです。
    それは単に”意識の個性”のようなもので、各々自分が信じた世界が展開されてるだけです。

    • 確かに、天国も地獄もない世界もあります。

      ですが、天国も地獄もある世界もあります。

      この宇宙には全ての世界があるのですから。

      死後の世界は一つではありません。

      死後の世界も無数にあり
      どの世界に行くかは意識が決めるのです。

      と、私は思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください