生きていれば何とかなる!命ある限り完全燃焼で生きることが大切!

人生は何度でもやり直せる!

 

 

生まれてから死ぬまで何も失敗しない人などいません。

 

人は多かれ少なかれ、何かしらの失敗を経験しながら生きて行くものです。

 

小さな失敗だけならいいのですが、時には取り返しのつかない大きな失敗を犯してしまうこともあります。

 

取り返しのつかない大きな失敗をしてしまったら、人はどうしたらいいのでしょうか?

 

例えば、交通事故で人を死なせてしまった場合です。

 

交通事故で人を死なせてしまった場合、加害者は、人を死なせたかったわけではありませんが、不注意か何かで事故を起こして人を死なせてしまったわけです。

 

被害者の方は、何の罪もないのに一瞬にして未来を奪われてしまったのですから、本当に無念でしょうし、そのご家族や知人の悲しみは計り知れないものがあります。

 

こんな取り返しのつかない事故を起こしてしまったら、交通刑務所に入って深く深く反省しなければなりません。

 

しかし、加害者も故意に事故を起こして人を死なせてしまったわけでは無いので、ちゃんと刑期を全うして深く反省したならば、社会復帰することができるのです。

 

社会復帰して、被害者のために一所懸命働いて、損害賠償を払ったり、少しでも償うことが大切です。

 

失敗したら反省をする!

 

事故で人を死なせてしまい、何年も刑務所に入って不自由な生活を強いられ、刑期を終えて社会復帰しても、加害者は死ぬまで一生後悔を引きずらなければならないことでしょう。

 

それが突然の命を奪われてしまった人の命の重さなのです。

 

そうしたことをしっかりと反省によって気付くことができたなら、社会復帰してから一所懸命働いて少しでも償えるように頑張れることでしょう。

 

事故を起こして人を死なせてしまっても、加害者の人生はそこで終わるわけではありません。

 

その後は、しっかりと反省をして社会復帰したら少しでも償えるようにしなければならないのです。

 

車を運転すると言うことは、油断すると殺人マシーンを運転するのと変わりありませんので、それほどの緊張感を持って運転しないとダメだと思います。

 

ですが、人は大きな失敗をしてしまっても必ずまた社会復帰をするチャンスはあります。

 

一筋縄ではいかないかもしれませんが、頑張って社会復帰をして、与えられた命を完全燃焼させなければならないのです。

 

そもそも、人生の大きな失敗は、防ぎたくても防げないようになっている場合もあります。

 

それは、生まれる前に計画してきた試練の場合もあるからです。

 

魂の修行のためや、過去世で作ってしまったカルマの解消のために、生まれる前に自ら試練として計画する場合もあるのです。

 

ですから、人は大きな試練に遭遇したら、それを受け入れて、しっかりと向き合わないといけないのです。

 

 

命ある限り全力で生き抜く!

 

人は生きていれば色々なことが起きます。

 

色々なことが起きるのですが、そのことに対してどう向き合うのか、その姿勢が大切なのです。

 

例えば、知人にお金を貸して、知人がお金を返してくれなくなったとします。

 

優しい人ならば、知人も困っているのだから、借金を返済するよう強くは言えないと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、魂の修行としては、「言わなきゃいけないことは言う」ということが修行なのですから、今世ではその修行をこなさないとまた来世でも同じ試練が待っているのです。

 

性格が優しくても、お金を貸したら返してもらうのが筋と言うモノです。

 

「貸したお金を返してください」とはっきりいいましょう。

 

もし直接言えないのなら、弁護士に相談してもいいのです。

 

全部自分一人でやる必要はありません。

 

人の力を借りようが何しようが、貸したお金を返してもらうことが魂の修行なのです。

 

そうやってなあなあにしないで、目の前の問題に真剣に取り組むことが大切なのです。

 

逃げれば来世でまた同じ試練に遭遇しますので、今世で解決したほうがいいと思います。

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください