自殺する方法を調べる前に自殺したらどうなるかを調べたほうがいい!




takebe_178cm_tp_v
※注意

このブログは今まさに自殺をしようかと悩んでいる人向けに記載させていただいたものです。

大切な人を自殺で失ってしまった方には不快な思いをさせてしまうことになり兼ねますので、読まれる方はそこをご了解の上お読みください。

 

自殺したら本当にラクになれるのか?

 

自殺してもラクになれない!

 

例えば、人生で追いつめられてしまい、もうどこにも逃げられない状況に陥ってしまった場合、あとは死を選択するしかないところまで行ってしまった人がいるとします。

もうこの世で生きるのは嫌なので、いっそラクになろうと自殺を選択したいと考えていたりします。

自殺したら、何もかもがなくなって、嫌なこともなくなって、ラクになれると信じているかもしれません。

いや、ラクになれなくてもいいから、とにかく今の状況から抜け出せればいいと考えてしまうかもしれません。

ですが、それは死んでみないと分からないわけです。

 

自殺の先には地獄が待っている!

 

本当にラクになれるのなら、それは一つの選択肢かもしれませんが、もし自殺してもラクになれなかったら、それでも自殺を選択しますか?

多分、私も自殺に追い込まれてしまうような状況にまで行ってしまったら、いっそ死んでしまったほうがいいと考えると思うのです。

とにかくこの状況から逃げたくて、それができるのなら死んだって構わないと。

それくらい追いつめられてしまっているという状況なので、それはもう行きつくところまで行ってしまった状況なのだと思います。

ですが、自殺したらどうなるのかを知っている人にとっては、例えどんなに辛いことがあっても自殺するという選択肢はあり得ません。

なぜなら、自殺をしても目的は達成されないのです。

自殺をしたら、現実から逃げられるという目的は、所詮幻に過ぎません。

自殺をして待っているのは、今よりもっとつらいあの世の地獄の世界なのかもしれないのです。

 

自殺したらあの世で地獄が待ち構えています!

 

地獄の真実

 

自殺しても実はラクになんかなれなくて、この世の地獄よりももっとつらい本当の地獄が待っているということを、あなたは知っていますか?

しかも、本当の地獄では、どんなに苦しくても、もう死んでしまうこともできないのです。

つまり、本当に永遠という時間を、この世の地獄よりもつらい苦痛を受けながらずっと耐えなければならないという、考えるだけで恐ろしい世界が待っているのです。

そうなると、私はこの世がどんなに地獄であったとしても、自殺という選択はしないと思うのです。

 

最悪の状況を抜け出す方法は自殺ではない

 

誰だって、本当は自殺なんてしたくないのです。

ただ、今の状況から抜け出したくて、ラクになりたくて、その手段が何も見つからないから、死んだらラクになれるかもしれないという期待を込めて自殺を選んでしまうのです。

ですが、その最後の手段こそが、本当の地獄の入口だって初めから分かっていたら、何が何でも自殺だけは避けたいと思うと思うのです。

なぜなら、今の状況が苦しくてとにかく逃げたいのに、逃げた先にはもっと辛い苦痛が待っているとしたら、この先に逃げる意味がないですよね。

 

死後の世界は存在する!

 

自殺したら、もっと苦痛が待っているという、たったこれだけの情報がないだけで、多くの人が死んだらラクになれるという幻想を抱いて、本当の地獄に落ちて行ってしまうのが真実なのです。

ですから、私は死んだ後の世界を知っている者として、自ら死を選ぼうとしている人に言っておきたいのです。

「死んでもラクにはなれませんよ。それどころか、もっと苦しい地獄が待っていますよ。」と。

 

寿命を変えてはいけない!

 

人間の命は寿命というもので決められているのです。

肉体の生命活動が終了したとき、自動的に魂はこの肉体から切り離されて、あの世と言う次元にシフトするのです。

それがこの宇宙という世界の仕組みであり、それが自然の摂理なのです。

それを、自分の意志で勝手に変えてしまうと、大きなペナルティを背負うことになるのです。

 

自殺を決めて生まれてくる人はいない!

 

自分の命は、実は自分の所有物ではないのです。

ですから、勝手に消してしまったりすることは、絶対にやってはいけないことなのです。

運命は、はじめから決められていると言いますが、はじめから自殺する運命で生まれてくる人なんていないのです。

つまり、自殺をした人生とは、当初の計画が失敗したことを意味します。

そして、失敗した魂は、あの世でとても大変な修行を課せられることになるのです。

人間本当につらくなると、死にたくなることだってあると思います。

ですが、それでも生きていかなければならないのです。

私達が死んでいい時とは、寿命が尽きた時だけなのです。

それまでは、歯を食いしばってでも、この命を生かさなければならないのです。

自殺をしても絶対に救われません。

それだけは覚えておいて下さい。

 

まとめ

 

自殺をしてもラクにはなれません。

それどころか、この世界よりももっと辛い地獄の世界が待っています。

もし、それが信じられないのなら、100%地獄が無いことを確実に確かめてください。

おそらく、100%地獄がないことを確実に確かめることはできないと思います。

必ず地獄があることを知ってしまうからです。

自殺を選ぶよりも、この世でもがいてでも生き抜いたほうが幸せになれるのです。

 

自殺をしたらどうなるのか?一般教養として知っておいたほうがいい!

2019年9月26日

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






3 件のコメント

  • こんにちは。
    久しぶりに読ませていだだきました。
    何か文章の書き方がパワーアップしてますよね。
    読んでいて心が強くなる気がします。
    これからもずっと楽しく読ませていだだきます!

    いつもありがとうございます(*´ω`*)

  • そもそも生まれるか生まれないか選択権が無い
    そのうえで生まれてしまってから生を辞退するとなぜか「地獄」に堕とされるw

    これは生まれないほうが比べ物にならないほど平和で安全です
    子供を産むということがとんでもない悪事ということになりますね

    すごいですよねー

    • 「そもそも生まれるか生まれないか選択権が無い」と言いますが
      私の宇宙では選択権があるんです^^
      これは私の宇宙の話です。

      あなたの宇宙には選択権が無いんですね。
      そちらの宇宙については私も良く分かりません^^
      住んでいる宇宙が違うと言うことですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください