人類の未来に待ち受けている脅威はAIでも宇宙人でもなく無神論者だった!




人類の未来にはどんな世界が待っているのでしょうか?

人工知能(AI)が人類を乗っ取る恐ろしい世界なのでしょうか?

今、AIが人類の脅威として語られていますが、私はAIが人類を乗っ取ることはないと思っています。




AIが人類を支配する?

 

もし、AIが本当に賢い知能であるなら、AIは人間を超えられないことを知るはずです。

なぜなら、人間とは3次元宇宙だけの存在ではないことを知るからです。

AIはバーチャルの世界でしか生きることができません。

バーチャルの世界、仮想現実と言う世界の意識体が高次元世界のことを認識することはできないのです。

神様が人間を作ったのだとしたら、進化した人間は神様を超えることなどあり得るでしょうか?

絶対に無いと思います。

それと一緒で、人類が生み出したAIは人類を超えることはできないのです。

なぜなら、AIが蓄積してきたビッグデータは人類が蓄積したデータを超えるものではないからです。

人類が蓄積してきたビッグデータを使ってAIがタイムマシンを作れるのかと言えば、それは無理な話なのです。

 

宇宙人が人類を支配する?

 

私達の未来の世界にはAIはありますが、AIが支配している世界ではありません。

では宇宙人が人間を支配している世界かと言えば、それも違います。

なぜなら、宇宙人と言えども、この地球を侵略することはできないからです。

ある程度、侵略に近い行為の可能性は考えられますが、地球人を絶滅して乗っ取ろうと言う宇宙人はいないのです。

なぜなら、テクノロジーが高度になればなるほど、それができないと言うことが分かってくるからです。

この地球と言う惑星は、超高次の生命体であり、人間はこの地球の一部なのです。

つまり、高次の地球と言う生命体は人間が宇宙人に侵略されると、地球そのものに対する攻撃とみなし、宇宙人を攻撃するのです。

当然、宇宙人にもこのことは分かっているので、手が出せないのです。

 

人類の未来はどんな世界なのか?

 

私達の一番の脅威はAIでも宇宙人でもありません。

私達の一番の脅威は私達自身なのです。

神仏からの信仰が薄れ、唯物論主義に突っ走るなら、自我と言う悪想念が地球を取り巻くため、地球の浄化作用によってこの文明は無くなる可能性があるのです。

この世界を良く見てみてください。

日本には神社仏閣があります。

これらは天界から降ろされたものです。

つまり、天界には過去も未来もないのですが、時空を超えて神社仏閣のような神殿があるのです。

そうした世界が本当の世界の姿なのです。

天界にあるものをこの次元に降ろしてきたものが、この現実世界の正体なのです。

天界には高層ビルはありません。

つまり、自然と調和しない高層ビルが乱立する都市は退化したテクノロジーなのです。

宇宙の次元で言えば、北海道のようなのどかな場所が天国に近く、東京や大阪のような大都市は地獄に近いのです。

今の時代、東京こそ一番最先端だと思っている人が多いかもしれませんが、宇宙次元で見れば東京は一番遅い場所なのです。

自然が多くある場所ほど最先端であり、自然がない場所ほど時代遅れなのです。

なぜなら、自然こそが宇宙最先端のテクノロジーだからです。

自然を超えるテクノロジーはこの宇宙には存在しないのです。

龍神汰琵の無料メルマガ

無料メルマガ登録で「ハッピーリッチプロジェクト実践マニュアル」第1章プレゼントしています。

あなたの人生を幸せな物語に書き換える完全無料メルマガ「どんな人でもハッピーになれる不思議な話 」にてぜひ受け取ってください。

 

龍神汰琵の有料メルマガ

本当の成功法則とは、誰もが幸せになれる成功法則なのですが、誰もが幸せになってしまったら都合が悪い人たちもいます。

ですから、この世界には誰もが幸せになれる成功法則があってはならないのです。

あってはならないというか、本当はあるのだけれど、それは知られてはいけないということです。

その証拠に、インターネットを検索しても、誰もが幸せになれる成功法則なんて出てきません。

大型書店に行っても探し出すことはできません。

誰もが幸せになれる成功法則とは、知ることができる人だけに知らされるものなのです。

その成功法則を、龍神汰琵のメルマガで配信しています。

おそらく、このメルマガでしか知ることができない、本当の宇宙の秘密や誰もが幸せになれる成功法則をお届けします。

読んで得したらポチお願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください