貧乏人が貧困層から抜け出すために必要なのは「衣食住」である!




貧困層から抜け出す必需品は「衣食住」

 

 

貧乏人が貧困層から抜け出すために必要な3原則が「衣類」「食料」「住居」つまり「衣食住」です。

「衣類」がないと外に出かけられませんのでこれは確実に必要ですが、最低限あれば大丈夫です。

「食料」がないと餓死してしまいますので、これは必須です。

「住居」がないと雨露がしのげませんし、夜は眠れませんので必須です。

 

実は、世界的に見ると、「衣食住」が満足に与えられていない人達がかなりの数いるのです。

発展途上国の人達は、衣食住が与えられず苦しい生活を強いられている人も多いのです。

今の日本では、よほどのことがない限り「衣食住」に困ることはありません。

「衣食住」があることは当たり前なことでは無くて、それはかなり恵まれている状況だと言うことです。

 

大きな地震が来ると、突然に「衣食住」を失うことになり、「衣食住」がどれほどありがたいものだったか誰もが学ぶと思います。

しかし、日々の生活の中では、「衣食住」のありがたみに気が付ける人は少ないのです。

 

目指すべきお金持ちではなく普通の人

 

お金持ちになって高級マンションに住んだり、海外からインテリアを取り寄せたり、豪華な暮らしをしたいと思う人達が多いのですが、「衣食住」があって普通に生活できるのは、実はとても幸せなことなのです。

 

しかし、誰もが「生存」と「快適性」をごっちゃにしてしまうので、「生存」できることだけでは満足いかず、「快適性」を求めてしまうのです。

 

「衣食住」があれば「生存」できます。

しかしそこには「快適性」はありません。

「衣食住」があると言うことは、生存することが出来ると言うことです。

生存することができるのですから、それ以上を望むと言うことは、それは「快適性」を求めていると言うことなのです。

人は「快適性」を求めたらキリがありません。

しかし、最低限の生存条件をクリアできるのなら、人は質素に暮らして行けるのです。

 

つまり「衣食住」があるならば、必要な85%は手に入っているのです。

「足りない」「足りない」と言って不満を抱いているのは、わずか15%の快適性なのです。

 

ある日、会社から帰る道で、シャンプーやリンスを籠に入れて歩いているおばあさんがいました。

きっと家にお風呂がなくて、近くの銭湯に行くのだと思います。

そういう人がいるんだなあと思うと、家にお風呂がある人は幸せだなと思いました。

 

日本で普通の人は世界ではお金持ち

 

今の日本においては、ほとんどの人が幸せなのです。

なぜなら、衣食住が足りていない人なんてほとんどいないからです。

ささやかでも衣食住に困らない生活ができているのなら、幸せだと感じる感性が必要なのかもしれません。

ほとんどの人達が衣食住が足りているのは、日本と言う国がしっかりしているからです。

快適性を求めたらキリがありませんが、人間としての最低限の生活ができるのであれば、それだけで幸せなのです。

 

すると、実は毎日が幸せの宝庫だということに気付くはずです。

何か行動する度に幸せを感じられるのです。

 

朝起きたら幸せです。

トイレに行けたら幸せです。

朝ごはんを食べたら幸せです。

洋服に着替えたら幸せです。

洗濯できたら幸せです。

生きているということのほとんどのことが幸せです。

本当は、幸せの塊のような人生を生きているのです。

 

まとめ

 

貧乏人が貧困層から脱出するために必要なのは「衣食住」です。

これさえあれば、既に貧困層ではなく、普通の人なのです。

ちなみに、日本で普通の人は、世界的に見れば「お金持ち」のグループに入ります。

ですから、貧困層の人でも、世界的に見ればそれほど貧困なのではありません。

もっと頑張れば、もっといい生活ができるのが日本と言う国なのです。

日本に生まれたことこそ、最高の財産なのです。

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください