パワハラされたときの有効な対策とは弁護士の無料相談を活用すること!




パワハラされたときの有効な対策とは?

 

ozpa88_tetuzankou20130707171010_tp_v

 

学校なら、ほとんどどこにでもある“いじめ”問題。

大人になると、それは「パワハラ」という言葉に変わったりもします。

どうしていじめやパワハラがあるのでしょうか?

どうしたらいじめやパワハラはなくなるのでしょうか?

昔からある問題で、未だに解決しないんだから、相当難しい問題なんだと思います。

そして、いじめやパワハラを無くすことはできないかもしれません。

でも、私は考えました。

自分がいじめやパワハラをされたら、どうやって応戦しようかと。

それで、いいことを思いついたので、あなたに聞いてもらえたらうれしいです。

昔話に“さるかに合戦”というのがありますよね。

かにさんが、木になっている柿を食べたいのですが、かにさんには柿を取ることができません。

そこにおさるさんがやってきたので、かにさんはおさるさんに柿を取ってとお願いしました。

おさるさんは、柿を取ると、かにさんにはあげずに自分達で食べてしまいました。

かにさんは泣きました。

そこにハチさんと、ウスさんがやってきて、かにさんの話を聞きました。

そしてハチさんとウスさんは、おさるさんを懲らしめるというお話です。

この話では、いじめっ子はおさるさんです。

そしてかにさんはおさるさんには敵わないのですが、ハチさんとウスさんに協力してもらっておさるさんをやっつけます。

この話から貴重な教訓を汲み取ることができました。

いじめっ子のおさるさんは、やっぱり悪いことをしているので、放置してはなりません。

自分の力で報復するのが無理ならば、もっと強い人に協力してもらえばいいんです。

事情を話せば、たいがいの人は弱い者の味方になってくれるはずです。

そして、みんなでいじめっ子をボコボコにするんです。

いじめっ子もボコボコにされないと分からないんだと思います。

暴力はいけないと言いますが、仕掛けてきたのは相手側なんだから応戦しなければならないんです。

どこかの国が日本にミサイルを撃ち込んできたら、“暴力はいけない”とか言っている場合ではないんです。

日本と世界が連合軍になって、ミサイルを撃ち込んできた国を総攻撃するしかないんです。

二度とそのような過ちが起こらないように、軍事施設は壊滅させるしかないんです。

これが教訓になるんです。

そして、ミサイルを撃ち込みたい同じような国がそれを見て、ミサイル打ち込むとヤバイからやめようと思うんでうす。

 

人生は絶対に負けるワケには行かない!

 

人間、なめられたらおしまいです。

自分に攻撃したら、こうなるよっていうのを匂わせておかないといけないんです。

ですから、もし、いじめやパワハラをされてしまったら、悩んでいる暇はありません。

報復攻撃の計画を立てなければならないんです。

誰に言えば協力してもらえるのか、誰と組めば確実に勝てるのか、準備は何が必要か、全てを洗い出して、徹底的に戦うんです。

それを、超分かりやすく、子供でも分かるようにしたのが“さるかに合戦”なんです。

もし、誰に相談すればいいのか分からないと言う人は、まず、一番頼りになるのが「弁護士」です。

「弁護士を雇うとお金がかかる」と言うイメージがありますが、まずは「無料相談」から気軽に問い合わせてみることがおススメです。

弁護士を味方に付ければ、最強ですよ。

もちろん、お金がかかる場合もありますが、弁護士を雇ってパワハラに立ち向かうと言う戦略を手に入れたら、どんなに悪魔のような上司であろうが、確実に勝てます。

さてこれで、いじめやパワハラは怖くありません。

いじめっ子なんて所詮はうさばらしでやっているんです。

そこに戦略とかそんな高等な技術は持っていないんです。

ですが、こっちは違います。

徹底的に、戦術とかを研究して、確実に相手を倒すんです。

こっちに攻撃したときが、相手の命日になるんです。

この地球では、生存するためのプログラムが遺伝子に刻まれているんです。

体内にばい菌が侵入したら、白血球がばい菌を殺すんです。

白血球は自分からは攻撃したりしませんが、体内にばい菌が入ってきたときだけ攻撃します。

そのときは、”暴力はいけません”とか言わないんです。

そうしないと、自分が死んでしまうから、やっつけるしかないんです。

それで、白血球にバチが当たるんですか?

白血球がばい菌を殺したらカルマが発生するのでしょうか?

あり得ません(笑)。

悪い奴は悪いんだから、やっつけるしかないんです。

それが、この地上で生存するためのルールなんです。

相手がかかって来たら、戦闘不能になるまで戦うしかありません。

 

極秘のパワハラ対策をお教えします!

 

もし、私がむちゃくちゃな上司の下で働くことになったら、初対面の時に「よろしくお願いします」と言いながらも、心で思うことを決めています。

私は2000冊以上の成功哲学の知識を頭に詰め込んでいるので、弁護士に相談することもなく、まずはこうすると言うことを決めています。

「ふん、お前か、これまでさんざんみんなを苦しめてきた鬼軍曹は。しかし、お前がどんなに鬼であろうが所詮は俺の敵ではない。お前は俺の世界最強レベルの圧倒的な戦略の前に倒れるのだ。が、少しくらいは楽しませてくれよ。ブハハハハ~。覚悟しな。」

間違ってもこちらがビビってはいけません。

ビビると相手はそれを潜在意識レベルで感じ取るからです。

ビビるのではなく、ビビらせるのです。

勝負は初対面の時から始まります。

どっちがビビるか、それが全てです。

ビビったほうが負けなんです。

ですから、圧倒的な自信で「死ぬのはお前だ」というくらいの気合で行かないといけないのです。

そして、この圧倒的な自信をつけるために、我武者羅に勉強して欲しいのです。

私が圧倒的な自信を持てるのは、誰にも負けないほどの知識を頭に叩き込んでいるからです。

どうしたら相手を倒せるのか、その戦略を無尽蔵に考えだすことが出来ます。

例えば、一つの戦略としては、まず周りの人達を味方につけます。

だいたい問題がある上司と言うのは、誰からも嫌われているので、周りの人を味方につけるのは簡単なのです。

そして、仲間が増えてきたら、一気にその上司に攻撃を仕掛けます。

「そろそろ退職金が気になるころでしょうが、その退職金を跡形もなく吹き飛ばしましょうか」と。

やることは何でもいいです。

例えば、その上司がこれまでにおこなってきたパワハラの証拠を集めておいて、「これを社長に渡そうと思っています。」とかでもいいと思います。

問題の上司も逆上して反撃してくる可能性がありますので、戦意を喪失させるような圧倒的な戦略で戦うことが肝心です。

いざとなったら暴力もぜんぜん有りです(日常での暴力は絶対にダメですが、自分の命の危険が差し迫っている状況ならば、暴力でもなんでも使って自分の命を守ることが大切です)。

精神的に追い詰められて自殺をしてしまうくらいなら、暴力だろうが何だろうが、まずは相手を倒す方がよっぽどマシです。

まあ、これは極論ですが、自分がそのような状況になった時にどんな手を打つのか、それはあらかじめ決めておいたほうがいいと思います。

例え殺人罪に問われたとしても、自殺するよりは100倍マシです。

これは人を殺せと言っているのではなく、自分がやられそうになったら反撃しましょうというお話です。

自分の生命を脅かす脅威は、排除して何が悪いのですか?という理論に基づいているのです。

私は史上最悪の上司がやってきたら、自ら制裁の手を下すと最初から決めています。

決めているので迷ったり悩んだりしません。

正義は勝たなければなりませんので、他のみんなのためにも、私がやると決めています。

とまあ、ここまで決めているのですが、おそらくそんな上司がやってくることはないと思います。

みんな命が惜しいですから。

こんな危険な男の波動を相手の潜在意識が感じ取ったら、防衛本能が働いて相手が逃げていくことになるのです。

それでも引かない相手なら戦うまでです。

それが正義の仕事だと私は思っています。

ですから、いじめやパワハラに遭っていてつらい思いをしている人は、闘っていいんです。

どんな手を使ってでもいいから勝つことが大切です。

それだけは忘れないでください。

ですが、これは私の戦略ですが、暴力まで行くとさすがに犯罪になりますから、その手前では弁護士などの専門家に相談することが賢い戦略だと思います。

 

まとめ

 

パワハラに遭遇してしまったら、一人で悩んでもなかなか解決できないと思いますので、まずは弁護士に相談してみましょう。

弁護士の「無料相談」を使えば、その後どうしたらいいのかアドバイスをしてくれます。

本格的に弁護士を雇うと、着手金とか成功報酬とかお金はかかりますが、パワハラなどにあった時にどうやったら戦えるのか、そのことが学べるのですから決して無駄ではありません。

弁護士という最強の頭脳を手に入れたら、パワハラ上司など敵ではなくなるのです。

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください