癌の闘病ブログを探している人に知って欲しい癌が治癒する法則!





 

癌は今では3人に1人とか2人に1人かかると言われていますが、癌が治癒した人には共通の法則があったと言います。

このブログは今まさに癌で闘病している人とか、知人や親族などに癌で闘病されている方がいる人に読んで欲しい記事です。

 




癌が治癒する法則その1:癌に感謝する!

 

癌が自然に治癒した人たちの共通項がある!

 

まだ記憶に新しいと思いますが、市川海老蔵さんの奥さんの小林麻央さんが乳癌でお亡くなりになるというショッキングなニュース報道がありました。

まだ34歳という若さでの乳癌はめずらしいということですが、いつ、誰にでも襲い掛かってくるとも限りません。

私は人生とは何か?ということを常々考えて日々勉強しておりますので、自分が癌になったらどうするかもある程度シミュレーションしています。

そして、ある思想家の本に癌に関するとても貴重な話が書いていりましたので、その部分をそのまま引用させていただきます。

その本を書いている方は既に他界されてしまっていますが、素晴らしい人生哲学をこの世に残してくださった小林正観さんという方です。

 

本のタイトルは「もうひとつの幸せ論」P226ページからの文章です。

「もうひとつの幸せ論(著者:小林正観)」
「癌が自然に治癒した人たちの共通項は、「癌になったことに感謝」している」

  • 癌が自然治癒した人の共通項

癌と診断された患者の中に、500人に一人の割合で、自然治癒する人達がいるそうです。

私のまわりにも「癌が治った」と言う人がたくさんいらっしゃいますが、その人たちに共通しているのは、「癌になって本当によかった」と感謝していること。

「癌になったことで、同じ病気を抱えるさまざまな仲間と知り合うことが出来た。命をかけて情報交換をする仲間たちは、みな優しく、明るく、親切な「よき仲間」だ。癌にならなかったら、努力すること、頑張ること、競い合うこと、比べること、争うことだけの価値感しか知らなかったかもしれない。けれど、癌になってからは、今までの自分なら関わりがなかったような「良き仲間」に囲まれている。癌になって本当によかった。ありがとう。」

「癌になる前より、癌になってからのほうが、ずっと幸せだった」と思っている人は、奇跡的に癌細胞がなくなることがあるようです。

一方、「どうして癌になったんだ」とか、「どうして自分だけこんな目に遭わなければいけないんだ」と癌を否定し、自分の境遇を嘆き悲しむ人がいます。そして、そこから抜け出そうとあらゆる治療を施し、必死になって癌と闘う・・・。けれど、「闘う」と決めた瞬間から、癌の症状は進行していくのかもしれません。

宇宙の方程式から考えると、それは「神様」が「命をかけて、感謝をする訓練をしてみなさい」「命をかけて、謙虚さを取り戻しなさい」と訓練を与えていると、解釈することができそうです。

ですから、癌になったことにさえ、「心から感謝」できるようになったならば、「神様」は「もう訓練の必要はありませんね」と、その人の体から癌細胞を取り除いてくれるのかもしれません。

「問題に感謝」してしまったら、「問題」として存在する意味がなくなってしまうので、その「問題」は自然に消えていくのです。

もしも、「余命半年」と宣告されたのなら、半年をどうやって1年、2年、3年に延ばすかを考えるより、「喜ばれると嬉しい」という本能に従って、「喜ばれる存在になろう」と心がけてみてはどうでしょうか。死ぬまでの間に「どれだけの人に喜んでもらえるのか」を考えるのです。

残された時間を「喜ばれるために使う」。

残された時間を「感謝」のために使う。

残された時間を「よき仲間」と過ごすために使う。

そのように実践できる人は、ときとして癌細胞が消滅する可能性があるようです。ただしなかには、「感謝をしても死んでしまう」人もいます。

なぜでしょう。それは「寿命だったから」。つまり自分が「そういうシナリオを書いてきたから」です。

「余命3カ月の末期癌」から生還した俳優、小西博之さんのインタビュー記事(「夕刊フジ」2009年3月27日号)を読んだことがあります。

小西さんは、2004年頃に肝臓癌が見つかり、医師から「余命3カ月」と宣告されました。その時、彼はどんな心境だったのでしょう。

小西さんは高校時代に野球をやっていました。その当時、監督から常々「試合に勝とうと思うな」「勝ったあと、みんなで喜んでいる姿を想像しろ」と教わってきたそうです。

なので小西さんは、癌と闘うのをやめた。

そして、癌が治った後の「楽しい生活」を想像するようになった。その結果、癌が治った。医師も不思議がるほどの回復を見せたそうです。

手術が成功した小西さんは言います。

「癌は神様からの贈り物です」と。

(引用 ここまで)

 

頑張りすぎてしまっていたのかもしれない

 

小林麻央さんは上智大学を卒業後、フジテレビのお天気キャスターになり、ニュースキャスターや女優としても活躍していました。

その後は歌舞伎俳優の市川海老蔵さんと結婚し、誰もがうらやむような輝かしい人生を歩んでいたのですが、やはりその経歴からは、人一倍頑張ってきたのではないかと思われるふしが多々あります。

上智大学なんて相当勉強しないと行けないと思いますし、歌舞伎俳優の妻という立場はおそらく想像を絶するプレッシャーではなかったかと思います。

それでも頑張れてしまうからこそ、「神様」は「ちょっと頑張りすぎているから、頑張るのをやめなさい」と、癌を贈ったのかもしれません。

人生とは、頑張るためにあるのではなく、楽しむためにあるのです。

そういったことを改めて学ばせるために、このような試練を与えられたのかもしれません。

もし私が癌になったら、こうしようと考えていることがあります。

  1. まず、癌になったことを受け入れる。
  2. 頑張り過ぎていた自分を反省する。
  3. 癌になったことが自分の人生にとって最高、ベストであると考える。
  4. 癌になったことから何が学べるのかを考える。
  5. 癌になったことでどこまで深い感謝が出来るのかを実感する。
  6. 感謝やお礼が足りて居なかった人達を思い出し、改めて感謝とお礼を言う。
  7. この世に生きている奇跡について考える。
  8. 自分を支えてくれている人達がどれだけいるのかを考える。

 

まだまだできることは沢山あるかもしれませんが、やはり悟りの境地に到達するのが一番いいのかもしれません。

悟りの境地とは「人生は、頑張るためにあるのではなく、楽しむためにある」ということを知ることです。

つまりこれは、癌になったとしたら、癌を治すために頑張るのではなく、癌と言う経験を楽しむということです。

しかし、小林麻央さんは残念ながら他界されてしまいました。

これは生まれる前に計画してきた寿命としかいいようがありません。

もしそうであるならば、小林麻央さんは無念ではなく人生を生き切ったので、天国で新しいお仕事をされていることと思います。

寿命でなければ癌は治ることはありますが、寿命ならば癌は治らない可能性が高いです。

 

癌が治癒する法則その2:ありがとうと言う!

 

癌患者の周りの人達に出来ることは何か?

 

34歳の若さで進行性乳癌に襲われ亡くなられた小林麻央さんは本当に無念だったと思いますが、乳癌は誰に発症してもおかしくない病気かと思います。

乳癌に限らず、癌は日本人にとって2人に1人とか、そういうレベルで発症する病気ですので、他人事ではありません。

そこで、親族や友人、知人などが癌になってしまった場合、周りの人達には何が出来るのか、ただただ祈ることくらいしかできないとしたら、それはとても苛立たしいことかもしれませんが、周りの人達にできるいい方法がありますのでご紹介いたします。

 

ここでも小林正観さんの本から引用させていただきます。

 

この本は「き・く・あ」の実践でP187からの文章になります。

「き・く・あ」の実践(著者:小林正観)
「ありがとう」のシャワーで何が起こったか

 

2001年9月、大阪での私の講演会で、こういう方がおられました。

末期の大腸癌で、医者からは「余命3カ月。もう手の打ちようがないので、自宅で療養してください。」と言われている方でした。

その方は講演会の主催者の友人の方でしたが、私の講演のテープを聴いて、体の悪い人をみんなで囲んで“ありがとうのシャワー”を浴びせかけると、病気が治ったり改善されることがあるという話を知り、自分もそれにかけてみたいということでした。(“ありがとうのシャワー”とは、「ありがとう」の言葉をシャワーのように沢山あびせかけることです。)

多くの人が集まって、その人に元気になってもらいたいと思いながら、「ありがとう」の言葉を投げかけると、例えば百人の人が1分間(約百回)「ありがとう」を言い続けると、1万回の「ありがとう」をその人に浴びせることができます。

自分で1万回言うのは大変ですが、百人で言えば1分間で、1万回の「ありがとう」を浴びせることができ、その数を加算することができるわけです。

「ありがとう」の数というのは、自分が声帯を震わせて言った数はもちろのですが、自分に向かって言われた「ありがとう」の数も全て加算されるようなのです。

この情報はとても素敵なものでした。

自分に言われた「ありがとう」の数も加算されるということになれば「喜ばれる存在」として生きて行くことに、支援や応援があるということに他なりません。

やる気を持続させてくださるありがたい仕組みです。

その9月の講演のときに、主催者の方は「正観さん、この方のためにそういうことをやっていただけるでしょうか」と言いました。

私が「みなさん、やりますか」と聞くと、参加者のみなさんは、「やりましょう」と言って笑顔になりました。

そして、その方に向かって1分間、全員が笑顔で「ありがとう」を言いながら拍手をしました。

その方は、皆さんに手を合わせて「ありがとうございます」とお礼を言い続けたのですが、その間に自然に涙があふれてきたのかもしれません。

涙をポロポロ流しておられました。

それを見た参加者百二十人のうち、半数くらいの方がもらい泣きしていました。

とても温かくて優しい空間でした。

多くの人達が、顔は笑っているのに目からは涙が落ちているという不思議な表情をしていました。

その状態が1分間続き、まるで室温が2~3度上がったかのように、非常に熱くなりました。

わずか1分間の「ありがとう」を言いながら手をたたいただけで、私は背中から汗が流れ落ちると言う体験をしました。

すごく体を使ったというわけではありません。

しかし、みんなが笑顔で「ありがとう」を言いながら拍手をするということは、何か不思議な熱を生じさせるようです。

室温が上がったと同時に、体温も2~3度上がったような気がしました。

つまり、それだけで人間の体に変化が生じると言うことです。(私の場合は背中に汗が流れ落ちると言う明らかな現象が起きたので、間違いなく体が反応したと言えます。)

それから3か月後の12月。

大阪でまた講演会がありました。

私の話が終わり、皆が席を立とうとしたときに、主催者の方が言いました。

「皆さん、忘れていました。ちょっとご報告がありますので、もう一度座ってください」

その話とはこういうものでした。

「皆さん、三カ月前に、大腸癌で余命三カ月と言われた人がいたのを覚えています」

「覚えています」

と多くの人が答えました。

「実はあの方からメッセージがあります」

と言われました。

その瞬間、会場中がシーンとなりました。

三カ月前にいらしたあの方が、今日は来ていない。

当然ある結果が予測され、皆の笑顔から言葉が失われてしまったのです。

「その方からのメッセージです。

あの時は本当にありがとうございました。

うれしくてうれしくて、涙が止まりませんでした。

本当にみなさん、ありがとうございました。

皆さんにいただいた、“ありがとうのシャワー”は一生忘れることはありません。

いくらお礼を言っても言い足りないくらいです。

本当にどうもありがとうございました。

ということでした。」

余命3カ月と言われた方が、今日は来ていないのです。

その方にある冷徹な事実がやってきたのだろう、と誰もが思いました。

主催者の方は言葉を続けました。

「あの、“ありがとうのシャワー”を浴びた数日後、自分の体に変調をきたしていると思ったあの方は、病院に行き、精密検査を受けたそうです。

そしたら、癌細胞が全部消えていた。

職場に復帰し、今日は残業しているので来られない。皆様にはくれぐれもよろしく伝えてくれ、ということでした。」

その言葉を聴いて、会場の空気がゆるんだだけではなく、「ワァー」というやわらかな感性とため息に包まれました。

「よかった」という雰囲気が明らかに会場を支配しました。

そして拍手が起こりました。

「よかった」という気持ちの表れで、その言葉を言う代わり皆が拍手をしたに違いありません。またまた部屋の空気が2~3度上がったような気がしました。

この話は事実なので、なぜそうなるのかということについて論じる意味は無いと思います。

そこに集まっていた百二十人が、温かい心と、本当にこの人に良くなってもらいたいという気持ちで、笑顔で“ありがとうのシャワー”を浴びせた結果、その人の心や体に大きな変化が起きたということです。

そして、奇跡と思えるようなことが起きました。

今までに何回かそのようなことが起き、その結果何人かの人が奇跡的な治り方をしました。

その場にいる人達が心からこの人を何とかしてあげようと思い、そこに笑顔と、温かい「ありがとう」の拍手が重なると、どうもすごい効果が表れるようです。

全部が全部そうなるとは断言できませんし、そのメカニズムも良く分かりませんが、とりあえずそういう現象が起きると言うことだけはお伝えしておきたいと思います。

(引用 ここまで)

 

言葉には物質を変形させるパワーがある

 

水に「ありがとう」と投げかけると、水の結晶は規則正しく美しい結晶になります。

一方、水に「ばかやろう」と投げかけると、水の結晶はぐちゃぐちゃになります。

これはウソのようですが、本当の話です。

人間の体は70%以上が水分でできているので、「ありがとう」と言うだけで、体の70%は快調になるわけです。

現に、「ありがとう」と言いまくっている人や、「ありがとう」と言われまくっている人は、元気な人が多いと思います。

「ありがとう」とは、この宇宙において最強の呪文なのです。

ですから、いつも自分に「ありがとう」と言っていれば健康でいられるし、いつも誰かに「ありがとう」と言っていれば、いつもみんなに好かれてしまうのです。

私達に出来ることは、患者さんに向かって「ありがとう」を言いまくることではないでしょうか?

できるだけ人を集めて、拍手をしながら「ありがとう」を合唱すると、きっと患者さんの細胞には変化が起きるのだと思います。

100%の確証はありませんが、やってみる価値はあると思います。

 

癌を予防する法則その1:言葉に気を付ける!

 

乳癌と子宮癌にならないために!

 

幸せになるためには、まずは健康でいないといけませんよね。

特に女性には女性特有の病気がありますので、注意したほうがいいと思います。

ここでは女性特有の“乳癌”と“子宮癌”にならない方法をお教えします。

 

言葉が持つ力を知ってください!

 

女性特有の癌とは、「乳癌」「子宮癌」です。

この、言葉、聞くだけで嫌ですよね。

ですが、言葉というものがどれほどの威力があるか、熟知している人はそう多くありません。

ですから、結構無責任な言葉を発しているのです。

言葉の重さをしらないのが、少年少女たちです。

彼らはまだ身体、精神ともに幼すぎるため、宇宙的に大きな過ちを犯してしまいます。

例えば、「○ね!(shine)」という言葉。

気軽に、簡単に、嫌いな人に放つのですが、これは宇宙的には大罪です。

私は、それを知った日から、人様に対してはもちろんのこと、多分それ以外を全部含めても、その言葉を発したことは一度もありません。

なぜなら、怖すぎるからです。

ネガティブな言葉は、放ったら終わりではありません。

宇宙空間に波紋状に広がって行き、いろいろなものに跳ね返って自分の元に戻ってきます。

そんなバカなと思うでしょうが、どれくらい本当の話か説明しましょう。

地球から4万キロも離れた上空に人工衛星があります。

そこから微弱な電波が出ています。

地上に到着することには何百万分の一のパワーになっていますが、確実に受信することができます。

それは、GPSと呼ばれ、カーナビやスマホで自分の位置が分かる技術として使われていますよね。

ようするに、波動は距離によって微弱になっていくけれども、ゼロにはならないのです。

はるか銀河系の向こうにある何億光年の惑星からの電波ですら拾うことが出来るのですよ。

宇宙をなめてはいけないと思います。

そしてさらに、その言葉の波動は、肉体の分子配列を変えてしまうほどのパワーがあります。

人の悪口を言ってはいけないと言われているのは、結局自分に跳ね返ってきたときに、自分自身の肉体分子配列を破壊してしまうからに他なりません。

そして、女性がついついうっかりやってしまう過ちによって、乳癌や子宮癌を誘発してしまっているのです。

では、女性が言ってはいけない「NGワード」を言いますね。

 

「バルス」に匹敵!絶対に行ってはいけない言葉!

 

天空の城「ラピュタ」では、ラピュタを崩壊させる滅びの呪文「バルス」というのがあります。

最先端のテクノロジーで作られた天空の城は、バルスと言う言葉で崩壊していくのですが、これに匹敵するほど、女性を崩壊させる言葉があるのです。

ですから、絶対に言わないで欲しい言葉なのです。

それはこの言葉です。

「私、女に生まれたくなかった」

「私、男に生まれればよかった」

 

この言葉、たいして何も考えず、誰もが気軽に言ってしまっているかもしれません。

まあ、一度や二度なら大丈夫なのです。

この言葉を結構繰り返し言っている人は、この瞬間以降二度と言わないほうがいいと思います。

このNGワードを放つと何が起きるか説明します。

 

知られざる言葉のパワー!

 

潜在意識は、自分が放つ言葉をしっかりと聞いています。

潜在意識は巨大空母のようなもので、惰性によって方向性が定まってしまっているため、単発の言葉くらいでは、方向性はびくともしません。

しかし、同じ言葉を反復していると、次第に潜在意識はその言葉を信じるようになってきます。

すると、「私、女に生まれたくなかった」という言葉を反復していると、潜在意識は自分は女でいたくないんだという解釈を始めます。

それでは、お望み通り、女性特有の部位を切除しましょうということで、胸や子宮などに癌を作り出すのです。

そしてその部位は癌と一緒に切り落とされます。

潜在意識としては、本人が望んだことだからといいことをしたと思っています。

言葉は潜在意識に多大な影響を与えます。

これを知った今、もはや安易に無責任な言葉は発せなくなってしまいましたよね。

私も同じでした。

間違っても「○ね!」なんて言葉、恐ろしくて言えませんよね。

今日から、美しい言葉だけを発するようにいたしましょう。

 

癌を予防する法則その2:頑張らない、頑固にならない!

 

癌にならない方法!

 

ここでは、女性特有ではなく、性別問わず万人に共通する、「癌にならない方法」を書きたいと思います。

ちなみに私は医者ではございませんので、信じる信じないは自己責任でお願いします。

 

癌は必ずしも遺伝性ではない!

 

癌家系という言葉があるように、癌は遺伝性と言われています。

でもこれは違うと思うのです。

遺伝性って、親から子供に継承される細胞の特徴のことだと思うのですが、ちょっと考えてみました。

例えば、肥満家系の家の場合。

本当に遺伝性でしょうか。

これは、ほぼ間違いなく違うと思います。

肥満家系の人は、例えば親が肥満気味だったとすると、食べるものや生活習慣が太る要因盛りだくさんなのです。

そこで暮らす子供は、どう考えても肥満気味にならざるを得ないと思うのです。

仮に、ここの家のお子さんを、食料が全くないような国に行かせたとしたら、5年後もこの子さんだけ肥満気味でいられるでしょうか?

普通に考えたらたぶん、このお子さんも周りの子供と同じように、ガリガリになっていると思いませんか?

また、よく歯医者さんで、歯の丈夫さは親の遺伝だって言われるのですが、これも違うと思うのです。

虫歯が多い親は、歯の磨き方が下手なのです。

その親が子供の歯磨きだけうまいわけないと思うのです。

それで、子供も歯を磨くのが下手になるので、虫歯が多くなるという仕組みです。

私が言いたいのは、遺伝ではなく、環境じゃないかってことです。

 

癌は遺伝ではなく性格の問題!

 

次に、癌の話です。

癌も遺伝ではないと思います。

これも環境が大きいと思うのです。

ところで、癌になりやすい人の特徴があるのですが、知っていますか?

「癌」という病名なので、「癌」というコトバがキーワードなのです。

「癌」がつく言葉はまず、「頑固(癌こ)」。

だいたい頑固な人は癌になりやすいのです。

私の祖父は超頑固でした。

そして癌で亡くなりました。

次に「癌」がつく言葉として「頑張りや」これも危ないです。

一所懸命頑張るほど、癌のリスクが高くなるのです。

ですから、癌の患者さんに「頑張って」というのは言語道断です。

仮に頑固で頑張り屋さんはかなり危ないと思います。

頑固で頑張った暁には、癌が待っているということを覚えておいてください!

以上のことから、癌の対策としては、頑固、頑張るなどの癌がつくことをやめましょうということです。

かといって、手を抜くというのともちょっと違うので、そこはさじ加減が必要ですね。

 

末期癌が消えてしまう奇跡の方法!

 

これは小林正観さんから教えてもらったことです。

小林正観さんは数年前に他界されてしまいましたが、とても多くのことを教えていただきました。

その中でも、これはすごい方法です。

それは、末期癌を消してしまう奇跡の方法です。

これは小林正観さんが多くの癌患者を見てきて発見したことらしいのですが、末期癌が消えてしまう人には、ある共通する特徴があったそうです。

それは、「癌に感謝していること」なのです。

なぜ癌になったことに感謝するのかと言うと、癌になったことで、それまで気が付かなかった多くの大切なことに気が付くことができたからです。

家族との関係、医者や看護婦さん、友人、同僚、その他大勢の人達との繋がり、それまで気が付かなかった当たり前なことの大切さ、そういったことを気付かせてくれるのです。

ですから、癌になって良かったって心から思えた時、癌に感謝できるのです。

すると、そこにはもう頑張るとか頑固といった癌になる要素は何も無くなって、ただ感謝という境地に至ります。

そうなると、癌になる原因の頑固も頑張りやもなくなっているので、癌が消えてしまうのです。

これが、ほとんど神のレベルにいた大先生が教えてくれた真実です。

人間は、感謝を持っていれば、怖いことは何も無いのです。

ただし、寿命の場合はどうにもなりません。

寿命、つまり生まれる前に癌で死ぬ人生をあらかじめ設定してきている人は、何をやっても癌は治りません。

数年前、若くしてこの世を去られた小林麻央さんは、おそらく寿命、天命だったのだと思います。

これ以上この世に生きてカルマを増やすよりは、魂の霊格が高い状態のままで天国に戻ることが良かったのかもしれません。

ですから、寿命の場合はどうにもなりませんが、そうでは無い場合は感謝をすることで末期癌でも治ることがあるということを覚えておいて下さい。

 

まとめ

 

癌になってしまったらとてもお辛いことと思いますが、癌を治癒することは不可能ではありません。

癌が治癒する法則その1:癌に感謝する!

癌が治癒する法則その2:ありがとうと言う!

癌を予防する法則その1:言葉に気を付ける!

癌を予防する法則その2:頑張らない、頑固にならない!

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  

 



ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください