誰にでもできる仕事の価値!どんな仕事にもかけがえのない価値がある!

お仕事はなんですか?と聞かれて「コンビニのバイトです」と答える人は、なぜかその仕事に誇りを持っているような感じを受けません。

どちらかと言うと、「コンビニのバイト」とは、誰にでもできる仕事だから、自分には価値がないとさえ言いたそうな哀愁が漂っています。

「コンビニのバイト」に限らず、スーパーなどのレジの店員さんも、それほど高度なスキルが必要なわけでは無く、最近ではセルフレジとかも登場していますので、誰にでもできる簡単な仕事なのかもしれません。

だからと言って、「コンビニのバイト」や「スーパーのレジ」と言う仕事に価値がないのかと言えば、そんなことは全然ありません。

コンビニの店員は誰にでもできるのか?

 

価値の無い仕事とは、社会や人にとって有害な仕事のことを言います。

例えば、キャッチセールスでお構いなしにいろいろな会社に電話をかけまくる仕事。

私の会社にもかかってきます。

このキャッチセールスと言う仕事は有害なので、この仕事には価値がありません。

適当に騙せそうな人を見つけ出し、価値の無い高価なものを売りつけ、お客様の利益など微塵も考えず、自分達だけのことを考えているような仕事ですから、これは有害です。

しかし、「コンビニのバイト」や「スーパーのレジ」と言う仕事は、お店の商品を間違いなく確実に販売してお金を回収するとても重要な仕事です。

誰にでもできるのかと言いますと、実はそうでもありません。

レジでも得意な人もいれば、不得意な人もいます。

レジが不得意な人は、レジではなく在庫管理とか仕入れとかのうほうが向いているのかもしれません。

 

目の前の仕事をしっかりこなすこと!

 

ここで大切なことはレジが速いとか遅いとか、そういうことではないのです。

コンサルタントや士業が価値のある仕事で、コンビニやスーパーのレジが劣っているのかと言うと、そうではないのです。

例えば、イエス・キリストが現れて、コンサルタントや士業の人達には「あなたがたは優秀ですね」と言って、コンビニやスーパーのレジの人達に対して「あなたがたは誰でもできる仕事をしていますね」なんて言うでしょうか?

絶対に言いません。

そんなくだらないことを言う人は、教養や知性が無い人に決まっているのです。

そもそも、コンサルタントや士業の人達がコンビニやスーパーのレジの人をあざ笑うとしたら、イエス・キリストはそのような人達のほうを戒めると思いますし、コンビニやスーパーのレジの人がコンサルタントや士業の人を妬むようなら、その人達を戒めると思います。

つまり、仕事の職種に優劣があるのではなく、この世界には色々な職種があり、それによって社会が成り立っていると言うことを知らなければならないのです。

どんな仕事がいいのかとかではなく、与えられた仕事をしっかりこなすことが大切なのです。

 

世の中の役に立つことは素晴らしい!

 

先日、バスに乗っていたら「ただ今バスの運転手を募集しています」と言うアナウンスが流れました。

バスの運転手は第2種免許と言うちょっと高度な免許が必要ですが、街の中をこれほどバスが行き交っているので、それほど難しい仕事とは言えないかもしれません。

つまり、バスの運転手と言っても、それほど自慢出来る仕事ではないと考えている人もいるでしょう。

しかし、ひとたび自分が乗ろうとしていたバスの運転手が急病になり、その日に限って運休しますと言われたら、すごく困るわけです。

つまり、そのバスは当たり前のようにいつも走っているのですが、それは本当にありがたいことであり、多くの乗客の利便性を乗せて走っているわけです。

ですから、バスの運転手は誰にでもできる仕事と思わず、自分が担当する路線、担当するバスの運転に全力を注がなければならないのです。

私がバスの運転手になったら、日本で一番カッコいいバスの運転手になります。

どういうバスの運転手になるかと言いますと、超安全、地球にも優しいソフトな運転を心掛けます。

最近都営バスの運転が雑なような気がして成りません。

急加速、急ブレーキ、ちょっと乗り遅れそうになった乗客に対しての不機嫌そうな顔、プロ意識が全然足りていませんね。

「このバス、あり得ない!」と言われるような最高にカッコいいバスの運転手を目指すべきなのです。

それが仕事に対するプロの姿勢と言うモノなのです。

「顔出しなし」「資金なし」「コネなし」

副業禁止の会社員が顔出ししないで
趣味や好きなことを商品化して
継続的に月10万円稼ぐ方法を
知りたくないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください