ダメ人間なんていない!何をやってもできない人が何をやってもできる人になる方法!




「ダメ人間」なんて言ってはいけない理由!

EV185142607_TP_V

 

このブログは、平均以下から脱出する方法について書きました。

まずひとつ、お願いがあります。

もし、自分のことを「ダメ人間」って思っている人がいるなら、自分のことを「ダメ人間」って言わないでください。

なぜなら、身体はレンタル品だからです。

いくらなんでも、身体をレンタルさせてくれた人(つまりは神様、自然、親)に対して失礼ですよね?(笑)

 

自分がお金に困っていて、親戚からお金を借りてきておいて、「ケチだなあ、もっと貸してくれよ」って言ったら、親戚怒りますよ。(笑)

 

お腹が急にヤバくなって、近くにコンビニがないので近くの民家に行って、「すいません、緊急事態なんです!トイレ貸してください!!」って知らない人にトイレ借りておいて

「ったくダメなトイレだなあ」って言ったら、ここの住民、怒りますよ(笑)。

 

身体は借り物なので、それを「ダメ人間」って言うのは貸主に失礼なんですね。

だから、自分は「ダメ人間」なんて言わないでくださいという前置きでした。

 

デキない人がそもそもデキなくなったのはなぜか?

 

さて、いよいよ本題に入ります!

運動会のかけっこでビリだった・・・。

 

中間テストの順位がクラスで下の方だった・・・。

自分の年収は平均年収より少ない・・・。

人にはそれぞれ得意不得意あると思います。

ですが、どちらかというと、何かが平均以上できる人は、だいたいどれも平均以上できます。

逆に、何かが平均以下の人は、だいたい平均以下になっています。

 

例えば、走るのが速くない人。

走るのが速くないということは、走りのコツを知らないだけなんですね。

ですが、そのコツを知らないので、運動全般のコツが分からないんです。

結果、運動全般が得意なほうではないことが多いと思います。

すると、自分に自信が持てなくなってしまい、結果、勉強もあまりできなくなってしまうんです。

そして、勉強もスポーツも平均以下といった悪循環が続いてしまいます。

 

実は、平均以下の人は、何か一つが平均以下であったことが引き金となって、ズルズル他の分野まで平均以下にしてしまっています。

それは、「どうせ自分にはできない」という思い込みが原因です。

「どうせ自分にはできない」と思うと、そうなるように出来ているんです。

 

ということはですよ・・・。

 

平均以下から平均以上に行くことは、以外にも簡単なんです。

 

デキない人からデキる人になるシンプルな解決方法

 

全てが平均以下なのは、何かが平均以下だったことによって、思い込みが生まれ、その結果、全部が平均以下になったんです。

なので、何か一つを平均以上に持っていけば、「自分にもできるかも」って思うようになり、次々と平均以上になっていけば、「自分はできる」と思い込めるようになるんですね。

 

なので、何か一つだけ、自分ができそうなことを集中的に磨き上げてみてください。

たった一つだけを極めるだけで、デキない人からデキる人に変身することができるんです。

 

あれもこれもと欲張ると失敗します。

時間は限られていますので、使える時間は全て、自分が得意そうなものに集中して使ってください。

すると、早ければすぐに、遅くても1ヶ月から3ヶ月もすれば、確実に頭の思い込みが変わってきます。

「これだけやって、できないわけが無い」と思い込めるようになるんです。

 

自分の名前、忘れる人ってほとんどいません(笑)。

なぜなら、どんだけ言ったんだよ、って話です。

それだけ言っていたら、忘れるわけないでしょう!!!

脳ミソに刷り込むんです。

すると、脳ミソは「できない」から「できないわけない」に変わります。

ここまで来ると、結果が出るのは時間の問題です。

そして、平均以上の結果が確実に出るようになります。

この感覚を身体で覚えたら、他のことにも応用したくなります。

 

次は、かけっこでも鉄棒でもなんでもいいんですが、集中できることを選んで、集中して練習してください。

すると、最初よりも楽に、平均以上に行くことができます。

これを繰り返していくと、物事にはコツがあって、それを集中的に練習すれば、なんでも平均以上になることができるんです。

 

頭の中を、全部自分が向上したいことで埋め尽くすんです。

朝も昼も夜も、寝ているときも、全ての時間全部です。

すると、頭の中では、それができることが当たり前になってしまい、そして、あら不思議、実際に当たり前にできるようになるんです。

 

最初に自転車に乗れないのは、頭が自転車を乗れるということを理解していないから乗れないんです。

 

自転車に乗れるのが慣れてくると、頭は自転車に乗れることを知っているので簡単に乗れるんです。

ですから、頭が自分の理想の状態を「知っている」「理解している」状態に持って行けば、実際にその通りになるということなんです。

さあ、平均以下だった自分を平均以上に向上させて、自信満々で生きていきましょう!

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

⇒ 才能がない人が成功する方法!才能がないと言う最強の才能がある!

 

⇒ 仕事がデキる男はワイシャツが違う!いかに高い意識を持っているか! 

 

⇒ 仕事がデキる人の特徴!思ったことを口に出す前にすべきこと! 

 

⇒ 仕事がデキる人の出張先のホテルの選び方! 

 

⇒ 猿マネの威力!ただ真似するだけでもそのうち行動が変わり人生さえも変わっていく! 

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください