自然災害

自然災害

自然災害で亡くなる人は誰かを救うために自ら犠牲になる!

地震や台風などの自然災害が発生することが分かるのは災害発生の直前であり、守護霊様や氏神様等は集結して、誰を救済するか話し合いをします。そして、どうしても救えない人達が出てしまいそうなとき、霊格の高い魂の持ち主は、自らが犠牲になることを志願するのです。自然災害でお亡くなりになった方は、崇高な魂の持ち主です。

自然災害

台風はなぜやって来るのか?台風の暴風雨は汚れた空気を浄化する意味がある!

台風がやって来るのは大気を浄化するためだと思われます。台風の強力な風によって汚れていた空気が一掃されます。今年は関東に2つの台風が来ていますので、特に関東の空気を浄化する必要があるのでしょう。台風がやって来る地域は、もっと地球環境に気を使いなさいと言うことなのかもしれません。