世界を変える人!どんなすごい偉人よりも世界を変えるのは好きになってしまった人!



人生の成功とは遥か彼方にあるモノではない!

人生の成功とは何か?

いつもこんな話ばかりしていますが、人生の成功とは努力して努力して、努力した先にあるモノではなく、実は自分の一番近い所にあるモノです。

神様は本当に人間に対して大きな愛情を持っているので、誰もが幸せになれるように、その人その人の手が届くところに成功を用意してくれているのです。

私はそのことに気が付くまでは、人よりも努力して、人よりも価値のある人間になって、人よりもお金を稼いで、人よりも尊敬されないと人生は成功できないと考えていました。

ですが、そういった考え方では、例え人よりも努力して、人よりも価値のある人間になって、人よりもお金を稼いで、人よりも尊敬されたとしても、人生で成功することはできないのです。

なぜなら、この人生というゲームは、自分の手が届く所に成功があることに気が付けるかどうかということが全てだからです。

人それぞれ、人生のゲームの目的は違うかもしれませんが、私の場合はどんな人生ゲームを楽しんでいるのか、参考に紹介させていただきます。

どうやって生きるかより誰と生きるか?

私は自分の感情をとても大切にしています。

自分がワクワクしたり楽しかったりいい気分になることを最優先にしています。

例えば、仕事が忙しくて毎日朝から晩まで仕事漬けになったとします。

仕事ばかりしていると、だんだんテンションが下がってきます。



そんな時はどうしたらいいのかを考えます。

そして、いろいろと考えているうちに、いちばんワクワクすることが何か分かってきます。

私の場合は、好きな女性と夜景がきれいなレストランでデートをすることです。

東京には高層ホテルの最上階に夜景がきれいなレストランが沢山ありますので、そういったレストランに行ってお酒を飲んだり食事をしたりすることがワクワクでドキドキします。

東京の夜景は本当にきれいなので、そんな最高の夜景を眺めながら最高に素敵な女性と最高の時間を過ごすことが、私にとっての最高の人生じゃないかと思っています。

私はお金持ちでもないし有名人でもないし地位も名誉もありませんので、そんな私のことを好きになってくれる女性は、純粋に私という人間性を好きになってくれていると言うことではないかと思います。

それって、何よりもうれしいことだと思いませんか?

そんな純粋な女性と出会い、いろいろな話をしながら人生を共に歩んで行けるとしたら、これほど素晴らしい人生はありません。

なんとも最高な人生だと思います。

好きな人は一人じゃなくていい!

私は、好きな人は一人に絞らなくていいと思っています。

もちろん私の好きな女性も、私以外の人を好きになっても全然いいと思っています。

なぜなら、私は好きな女性の100%を満たすことはできないからです。



例えば、私が好きな女性の60%を満たすことができたとしても、残りの40%は他の誰かに満たしてもらわないと、私の好きな女性は最高に幸せな人生を送ることはできません。

私が望むことは、私の好きな女性が私だけのものになることではなく、私の好きな女性が最高の人生を送れることです。

むしろ、私を好きになってしまったがために、本当はもっと幸せになれるはずだったのに、60%しか幸せになれなかったら、それこそ悲しいことだと思います。

これは逆もしかりで、私の好きな女性は私の60%を満たすことができるとしても、100%満たすことはできません。

ですから、残りの40%は他の女性に補ってもらえれば、私は100%幸せになれるのです。

例えば、私の好きな女性が年下の場合は、私は頼られる方なので年下の女性をしっかりとサポートすることが自然な形になります。

ですが、常に突っ走っている私でも、たまには癒してほしいと思うこともあるのです。

そういう時は、年下の女性よりは年上の甘えられる女性のほうが安らぐわけです。

ですから、形に囚われないで、そういうことを自由に選びながらしなやかに付き合えるような大人の関係が、いい人生を送る上では大切なことではないかと思います。

これはあくまでも私の価値感の話ですので、必ずしもこの価値感が正しいわけではありませんが、そうやって生きて行くことが私は最高に幸せだなと感じています。

人生の成功は人それぞれ違いますので、ぜひあなたも最高の人生、最高の世界を探す旅に出てみてください。

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください