あおられない神的運転法!日本で一番運転が上手い運転手はどんな運転なのか?




初心者でもペーパーでもあおられる!

 

 

高級SUVのあおり運転が大きな問題になっています。

 

そもそも、あおり運転をする人とは、運転をする前からイライラしているのです。

 

また、あおり運転をすることで、弱い者いじめをしているのと同じで、スカッとする人もいることでしょう。

 

いずれにしても、あおり運手をする人は人として未熟であることは間違いありません。

 

しかし、そんな未熟な人は世の中には沢山いますので、いつどこであおり運転に遭遇してしまうか分からないのが怖い所です。

 

特にあおり運転をする人は、自分の進路を妨害されたり、クラクションを鳴らされたりするとあおり運転を開始します。

 

なぜなら、ただでさえイライラして何かに八つ当たりしたいのですから、自分の進路を妨害されたり、クラクションを鳴らされたりしたら、待っていましたとばかりに攻撃対象になってしまうのです。

 

何年か前にも、東名高速でSAでクラクションを鳴らされた男がクラクションを鳴らした車を追いかけ、本線上に停止させたところにトラックが突っ込んで夫婦が亡くなると言う痛ましい事件がありましたが、その男もあおり運転の常習犯だったらしく、常にターゲットを見つけてはあおっていたのです。

 

結果、殺人犯として人生を棒に振ったのです。

 

あおられない運転とは?

 

あおられない運転方法があるとするならば、交通の流れを良く見て、流れに溶け込むことが大切です。

 

3車線の高速道路では、一番左側の車線を走行すれば、あおられる可能性は低くなります。

 

なぜなら、あおり運転をする人は、イライラしているので、一番右側の車線を速度超過で走行することが多いからです。

 

ですから、一番右側の車線をノロノロ走っていると、あおり運転のターゲットになりやすいのです。

 

あとは、急に割り込まれた場合などにクラクションを鳴らすと、これもあおり運転のターゲットにされやすいです。

 

また、自分が車線変更をする際、あおり運転をする人の前に割り込んだように入ってしまうと、あおり運転をされる可能性があります。

 

そうは言っても、全てのことに気を配りながら運転をすることなどできないのですから、あおり運転を完全に回避することはできないと思います。

 

ですから、万が一あおり運転に遭遇してしまった時のことも考えておかないとダメなのです。

 

⇒ あおり運転に遭遇した時の対処法!ハザード出して路肩に停車して窓を絶対に開けない!

 

あおり運転をしたくなったら!

 

逆に、自分が高速道路の一番右側の車線を走行している時、突然強引に割り込まれたら、あなたはその車をあおりたくなりませんか?

 

初心者やペーパードライバーは流れを読めないので、そうした運転をしてくる場合もあるのです。

 

ですから、そんな運転に対してあおり運転で自己主張をする必要はないのです。

 

そもそも、周りの車が全て自分の思う通りに動くと思っていることが、運転技術が未熟であると言えるのです。

 

あおり運転をするような人は、そもそも運転が下手なのです。

 

どんな人の運転が上手いのかと言いますと、天皇陛下を乗せた車の運転手が運転が上手いと言うことなのです。

 

ですから、天皇陛下を乗せた車の運転手のように運転をすれば、運転が上手いと言えるのです。

 

天皇陛下を乗せた車の運転手は、高速道路の右側車線を走ることはないと思います。

 

一番左側の車線をゆっくりと走ると思います。

 

なぜなら、それが一番上手い運転方法だからです。

 

高級SUVのあおり運転の男が、もし独裁国家のVIPの運転手だったら、即座に処刑されていることでしょう。

 

つまり、そんな運転をしている人は、それほど運転が下手だと言うことなのです。

 

日本は超ぬるい国家ですから、高級SUVのあおり運転の男がVIPの運転手になっても即座に処刑されることはありませんが、ちょっと厳しい国なら間違いなく処刑される罪なのです。

 

ブログの応援にあなたのワンクリックを!
更新モチベーション維持にご協力お願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください