不幸のどん底から這い上がる方法「ハッピーリッチの法則」

平凡な会社員がリアルな実社会でダントツの成果をあげている成功法則を公開!このブログを読んでハッピーリッチ人間が激増中!

ようこそお越しくださいました!
面白かったらクリックをお願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  

桜不倫と言う曲!世間を騒がせている不倫だけど人生は一度切りしかないから後悔しないように!

      2018/02/17



 

 

 

当然不倫はいけないことですが

 

不倫はやってはいけないことですが、本当にそうなんでしょうか?

 

不倫に溺れて、家族をないがしろにしてしまうのは、当然やってはいけないことです。

 

ですが、そのやってはいけないこととは、不倫ではなく、「家族をないがしろにしてしまうこと」」であり、不倫をしていても家族をしっかりと守っていれば、何が問題なのかって話になります。

 

逆に不倫をしていなくても、家族をないがしろにしているのは問題にはならないのでしょうか?

 

つまり、問題は「家族をないがしろにする」ということであり、不倫が問題なのではありません。

 

配偶者以外の人を好きになるのは裏切り行為か?

 

例えば、既婚者が配偶者以外の異性を好きになってしまったとします。

 

配偶者も好きだけど、違う異性のことも好き。

 

人間は同時に複数の人を好きになってはいけないのでしょうか?

 

憎み合ったり、いがみあったりするのではなく、好意を寄せるという素晴らしいことなのに、それはダメだと言ってしまっていいのでしょうか?

 

そもそも、配偶者以外の人を好きになったら、それは配偶者に対する裏切りと言われますが、本当にそうなんでしょうか?

 

 

もし配偶者以外に人を好きになってはいけないと言うことは、それは配偶者を愛する義務になりますが、義務で愛されて何がうれしいのでしょうか?

 

「義務だから仕方なく我慢して愛しています」って言われても、全然うれしくないですよね?



 

 

私は人間の感情は自由であるべきと考えます。

 

素敵な人と出会ったら好きになるのはごく自然なことであり、そのごく自然なことに対してとやかく言うのは傲慢ではないかと思うのです。

 

人間がこの世に生まれることも自然なことであり、この世を去ることもまた自然なことです。

 

それに対して、どうのこうの言ったところでたいした意味はありません。

 

人が人を好きになるということもごく自然なことであり、それに対してどうのこうの言うべきことではないと思います。

 

 

人生は一回切りしかありません

 

私達は、魂の修行をするために、神様から身体を頂いて今を生きています。

 

この身体は、いつか必ずお返ししなければならないものです。

 

私達の人生は、この身体があるときだけ貴重な魂の修行ができるようになっています。

 

身体がなくなってしまったら、魂の修行も終わってしまいます。

 

つまり、人生は一回切りしかないので、絶対に後悔するような生き方だけはしてはいけないのです。

 

好きで好きでたまらない人がいるのなら、一緒にいたり、抱き合ったり、セックスしたいって思うのが自然だと思います。

 

それを我慢して我慢して我慢しまくって、いざこの世を去る時が来た時、「一片の悔いなし」と言ってあの世に帰れますか?って話です。

 

私なら、例えバツを受けようとも、好きな人がいるのなら、一緒にいたり、抱き合ったり、セックスしたりして心の底から「生まれてきて良かった、生きていてよかった」って思ったほうがよっぽどいい人生だと思います。

 

それが後悔しない生き方であり、それは私の今世の生き方でもあります。

 



 

私が定義する人生の成功とは、お金持ちになって自由になることではなく、好きな人と一緒にいたり、抱き合ったり、セックスしたりすることです。

 

もちろん家族をないがしろにしてはいけないと思いますので、家族はしっかりと守るけど、好きな人ができたらその感情は押し込めたりせずに、自由に任せるほうがいいと思います。

 

そういうことで、複数の人を好きになっても罪悪感を感じることはないですよってことを伝えたくて、「桜不倫」という曲を作りました。

 

ぜひ聴いてみてください。

 

桜不倫

 

作詞作曲編曲 達人tabi

 

 

春の風 花のにおい 

暖かな日差しの午後 片寄せ歩く

夢のような 幻想のような 

フワフワと浮かぶような 安らぎの時間(とき)

 

巡り会う運命 偶然ではない 

計り知れないほど 人生を変える

 

新しい季節の始まり 

君と見る桜 綺麗だと思う

輝いて 風に散るような 

恋に似ている 美しき花びら

 

 

今このとき 君が笑う 

その一瞬の仕草さえ 記憶に刻みたい

感情が 全てを呑みこむ 

生まれる前の愛に包まれているよう

 

全てを 許してくれる 

そんな至福の感覚を 思い出せる

 

美しく 儚く舞い散る 

永遠ではないから 愛おしく想える

生きてきて やっと分かったんだ 

僕の人生には 君がいること

 

 

てのひらに 舞い降りる ひとひらの小さな花びら

そのとなり 待っている 寄り添える誰かのこと

 

いつまでも 歩いていきたいよ 

色んなこと乗り越えて また戻って来たい

何も言わず 君を包み込んで 

今二人生きていること 噛締めている

 



ヘッダー広告

当ブログへのご訪問ありがとうございます!
面白いと感じていただけたらクリックお願いします!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  



 - 人生の目的, 成功法則, 不倫浮気の哲学, 達人tabiの曲 ,